1回の注文数量の上限建玉(最大発注ロット)でFX会社を比較

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FX会社を比較 > 1回の注文数量の上限建玉(最大発注ロット)でFX会社を比較

1回の注文数量の上限建玉(最大発注ロット)でFX会社を比較

どのFX会社でも、1回の注文数量には上限があります

私たちがFX会社に発注する注文数量には、どのFX会社にも上限が設けられています。

上限は、多くのFX会社でロット(lot)で表されます。
※ロット(lot):FXを行う時の取引単位です。

上限が設けられていないと、大きすぎる注文数量が発注された際、FX会社がさばききれない場合があります。

そのため、1回の注文数量に上限が設けられているのです。
また、FXでは1回の注文数量=1ポジション(建玉)とも言います。


各FX会社の1回の注文数量の上限建玉(最大発注ロット)一覧

1回の注文数量の上限は、基本的にロット(lot)で表されることが多いのですが、1ロットが1000通貨のFX会社もあれば、1万通貨のFX会社もあります。

そのため、1回の注文数量の上限を通貨単位で一覧表にしました。


FX会社の1回の注文数量の上限建玉一覧表 (2019年5月調査)
FX会社一覧  ランド円の発注上限建玉  ドル円の発注上限建玉
 外為オンライン 5000万通貨
(4億100万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 アイネット証券(ループイフダン) 5000万通貨
(4億100万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 ライブスター証券 5000万通貨
(4億100万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 サクソバンク証券 4000万通貨
(3億2080万円)
2500万通貨
(27億8500万円)
 GMOクリック証券(くりっく365)  3000万通貨
(2億4060万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 SBI FXトレード 1000万通貨
(8020万円)
1000万通貨
(11億1400万円)
 セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) 999万通貨
(8012万円)
999万通貨
(11億1289万円)
 GMOクリック証券(FXネオ)※1 500万通貨
(4010万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 ひまわり証券(ひまわりFX) 500万通貨
(4010万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 FXプライム byGMO 500万通貨
(4010万円)
500万通貨
(5億5700万円)
 ヒロセ通商(LION FX) 300万通貨
(2406万円)
300万通貨
(3億3420万円)
 ゴールデンウェイ・ジャパン 300万通貨
(2406万円)
300万通貨
(3億3420万円)
 YJFX!(外貨ex) 300万通貨
(2406万円)
300万通貨
(3億3420万円)
 みんなのFX(トレイダーズ証券)
300万通貨
(2406万円)
300万通貨
(3億3420万円)
 マネックスFX プレミアム 300万通貨
(2406万円)
300万通貨
(3億3420万円)
 FXブロードネット 300万通貨
(2406万円)
30万通貨
(3342万円)
 マネーパートナーズFX 200万通貨
(1604万円)
200万通貨
(2億2280万円)
 楽天証券 200万通貨
(1604万円)
200万通貨
(2億2280万円)
 マネースクエア(M2J) 200万通貨
(1604万円)
200万通貨
(2億2280万円)
 DMM FX 100万通貨
(802万円)
100万通貨
(1億1140万円)
 LIGHT FX(トレイダーズ証券) 100万通貨
(802万円)
100万通貨
(1億1140万円)
 外為ジャパン 100万通貨
(802万円)
100万通貨
(1億1140万円)
 インヴァスト証券(トライオートFX)※2 100万通貨
(802万円)
100万通貨
(1億1140万円)
 マネーパートナーズFXnano※3 10万通貨
(80万2000円)
10万通貨
(1114万円)
FX会社一覧  ランド円の発注上限建玉  ドル円の発注上限建玉

会社名をクリックされると、公式サイトを別ウインドウで開けます
表中のカッコ内は、発注上限建玉を日本円に換算したものです(1ランド=8.02円、1ドル=111.4円で計算)

ただ、FXではレバレッジを活用できるため、実際にはもっと少ないお金でトレードできます。
レバレッジの詳細はこちらです→FXのレバレッジとは?

※1 GMOクリック証券(FXネオ)は、EXモード(大口取引モード)への変更が必要(通常モードの発注上限はランド円、ドル円とも200万通貨)
※2 インヴァスト証券(トライオートFX)はオートパイロット注文では、ランド円、ドル円とも発注上限200万通貨
※3 マネーパートナーズFXnanoは、AM3時~AM9時の間ランド円、ドル円とも発注上限3万通貨

このように、発注可能な上限額は、FX会社により10万通貨~5000万通貨(ドル円は2500万通貨)と大きく異なります。

特に、サクソバンク証券はランド円・ドル円とも最大取引量が多くなっています。


最大取引数量が多くオススメのFX会社

サクソバンク証券

サクソバンク証券・ドル円の1回あたりの発注限度額が2500万通貨とNo.1
・ランド円の1回あたりの発注限度額が4000万通貨と最高レベル
・163通貨ペアもの取り扱いがあります
・主要通貨ペアのスプレッドが狭いです
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません



現在、当サイト限定 1取引で4000円キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はサクソバンク証券の公式サイトでチェックしてください。


SBI FXトレード

SBI FXトレード・ドル円の1回あたりの発注限度額が1000万通貨と最高レベル
・主要通貨ぺアのスプレッドが最狭レベルです
・自己資本規制比率が高く、信頼性が高い
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません





現在、当サイト限定で3000円キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はSBI FXトレードの公式サイトでチェックしてください。


南アフリカランド円に有利なFX会社
  1. ランド円のスワップポイント・買いで比較(たくさんの金利をもらいたい方)
  2. ランド円のスワップポイント・売りで比較(売りからトレードしたい方)
  3. ランド円のスプレッドで比較(取引のコストが気になる方)
  4. ランド円の取引単位1000通貨以下で比較(小額での取引を希望される方)
  5. ランド円に有利なFX会社 総合ランキング(どのFX会社が良いか迷われている方)
スワップポイント付与ルールでFX会社を比較
  1. 未決済でスワップを出金可能なFX会社一覧(毎日スワップ金利を使いたい方)
  2. スワップにかかる税金で比較(税金に有利なFX会社を知りたい方)
  3. 未決済で出金したスワップにかかる税金で比較(税金に有利なFX会社を知りたい方)
  4. スワップがつく時間で比較(無駄なくスワップを受け取りたい方)
  5. スワップを証拠金にできるFX会社(スワップの複利運用をしたい方)
FX会社の基本性能を比較
  1. 両建て時の証拠金で比較(同一FX会社で両建てをしたい方)
  2. ロスカット・マージンコールで比較(証拠金を有効活用したい方)
  3. レバレッジで比較(最適なレバレッジで取引したい方)
  4. 会社の信頼性で比較(リスク管理を大事にしたい方)
  5. 入金手数料・出金手数料で比較(無駄な費用を省きたい方)
  6. スリッページ対策・約定力で比較(スリッページでの損失を防ぎたい方)
FX会社の付加性能を比較
  1. NDD方式のFX会社(取引の透明性を重視する方)
  2. FX自動売買システムを比較(時間をかけずに利益を得たい方)
  3. 注文方法(トレール等10種)で比較(さまざまな注文方法を利用したい方)
  4. 外貨入金・外貨出金可能なFX会社(外貨を保有中か、保有したい方)
  5. 口座開設にかかる時間で比較(すぐにトレードしたい方)
  6. カバー取引有無・カバー数を比較(流動性・信頼性を重視する方)
  7. 取扱い通貨ペア数で比較(多くの通貨ペアで取引したい方)
  8. 取引時間で比較(トレードチャンスを逃したくない方)
  9. スマホ取引対応で比較(スマホでも取引したい方)
  10. サポート体制で比較(FX初心者の方)
  11. 外国為替ニュースで比較(値動きの根拠を知りたい方)
  12. 現金プレゼントキャンペーンで比較(気づかず損したくない方)
  13. 1回の注文数量の上限で比較(大口の取引をしたい方)



ベルベットモンキー 夫婦でしょうか?

南アフリカランド運用成績



ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドに有利なFX会社を徹底比較!