スワップポイントサヤ取り(スワップアービトラージ) FXの投資法

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FXスワップポイントサヤ取り(スワップアービトラージ)

FXスワップポイントサヤ取り(スワップアービトラージ)

FXには、主に下のような投資法があります。

今回はFXスワップポイントサヤ取りについて検証します。


FXスワップポイントサヤ取り(スワップアービトラージ)

スワップポイントサヤ取りとは 、各FX会社によるスワップ金利の違いを利用した投資法です。
例えば、下のようなFX会社A・Bが存在するとします。

この場合、FX会社Aでランド円買いポジションを10万通貨、FX会社Bでランド円売りポジションを10万通貨保有することで、為替相場がどのように動いても、1日60円の利益を受け取れます。

FXスワップポイントサヤ取りには、以下のメリット・デメリットがあります。

デメリット
・得られる利益はFX会社間の金利差益のみで、為替差による利益は狙えない

メリット
・為替リスクがない
・ポジション保有後は、ほぼほったらかし状態でFX会社間の金利差益を受け取れる

このような特徴があるFXスワップポイントサヤ取りを、各通貨ペアで検証しました。


南アフリカランド円でスワップポイントサヤ取り

高金利通貨の南アフリカランドを利用したサヤ取り。
2013年~2018年の年間平均リターンは7.40%です。
2019年も検証しました。→最新のサヤ取り成績を確認する


トルコリラ円でスワップポイントサヤ取り

高金利通貨のトルコリラを利用したサヤ取り。
2016年~2018年の年間平均リターンは11.2%です。
2019年も検証しました。→最新のサヤ取り成績を確認する


米ドル円でスワップポイントサヤ取り

為替取引量No.1の米ドルを利用したサヤ取り。
2016年~2018年の年間平均リターンは3.56%です。
2019年も検証しました。→最新のサヤ取り成績を確認する


豪ドル円でスワップポイントサヤ取り

メジャー通貨の豪ドルを利用したサヤ取り。
2015年~2018年の年間平均リターンは3.20%です。
2019年も検証しました。→最新のサヤ取り成績を確認する


豪ドル円とNZドル円でスワップポイントサヤ取り

値動きが近い豪ドルとNZドルを利用したサヤ取り。
2015年~2018年の年間平均リターンは5.90%です。
2019年も検証しました。→最新のサヤ取り成績を確認する


ユーロ円とポーランドズロチ円でスワップポイントサヤ取り

値動きが近いユーロとポーランドズロチを利用したサヤ取り。
2018年の年間リターンは7.35%です。
2019年も検証しました。→最新のサヤ取り成績を確認する


FXスワップポイントサヤ取りQアンドA

FXサヤ取り関連質問一覧

  1. スワップポイントサヤ取りはFX会社で禁止されている?
  2. サヤ取りは同一通貨ペアのスワップ差を利用した投資法だけ?
  3. スワップポイントの課税時期が違うFX会社間でのサヤ取りは?

1.スワップポイントサヤ取りはFX会社で禁止されている?

サヤ取りは基本的にFX会社に手数料を落とさない投資法なので、
「もしかしたらFX会社が禁止している手法?」
と思うことがあるのですが、その点をFX会社に聞いてみました。

為替カバ「FXでのサヤ取りは禁止していますか?」

FX会社「特に禁止はしていないですね」

FX会社「例えば弊社で売りポジションを保有された場合、売りポジションが多く入ったな、というだけですので、お客様の利益になるのであれば、サヤ取りをしていただいて問題ありません」

FX会社側から見たら、サヤ取りはポジションを長期保有しているだけです。

サヤ取りがダメだったら、スワップポイント狙いの長期投資もFX会社に手数料を落とさない手法でダメということになります。

サヤ取りが問題ないのもうなずけますね。

ということで、今後も遠慮なくサヤ取りさせていただきます。


2.サヤ取りは同一通貨ペアのスワップ差を利用した投資法だけ?

いえ、豪ドル円とNZドル円、ポンド円とユーロ円など相関度が高い通貨ペアに注目し、それらが乖離したタイミングで両方のポジションを保有し、元に戻ったら決済するサヤ取り手法もあります。

通貨ペアの相関度に注目したサヤ取りのメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット

デメリット

通貨ペアの相関度に注目したサヤ取りは、基本的にスワップポイントサヤ取りよりも、リスクとリターンの両方が高い投資法です。


スワップポイントの課税時期が違うFX会社間でのサヤ取りは?

FXスワップポイントサヤ取りは、なるべく決済しない方が、余計な手数料を取られずに有利です。

ただ、スワップポイントの課税時期については、FX会社によって違います。
例えば、以下のFX会社の組み合わせで南アフリカランド円のサヤ取りをする場合

ランド円買い
・ヒロセ通商→未決済ポジションのスワップに税金がかからない
ランド円売り
・GMOクリック証券(FXネオ)→未決済ポジションのスワップに税金がかかる
※参考:未決済ポジションのスワップポイントにかかる税金を比較

となります。
そのため、普通に考えると GMOクリック証券(FXネオ)に合わせて、
「毎年同時決済しなければならない」
と思われがちですが、別の方法もあります。

それが、FXの3年間損失繰越ルールです。
簡単に言うと、
「毎年損失を出しても、最大3年間の損失を繰り越して、利益と相殺できる」
というルールです。
※参考:損失の3年間繰越控除を行う

このルールを利用して、

といったことができます。

3年間損失繰越ルールを使えば、決済は必要ですが、3年に1回の決済で済みます。


南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


通貨別カテゴリ


人気FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top