メキシコペソ円のスワップポイント・スプレッド・最小取引単位を24FX会社で比較

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 高金利通貨のスワップ比較 > メキシコペソ円 FXスワップポイント・スプレッドを比較

メキシコペソ円のスワップポイント・スプレッドを24FX会社で比較

メキシコペソは、人口約1億2700万人の中南米メキシコの通貨です。
メキシコペソの政策金利は8.25%(2019年3月調査)。
高金利で有名なトルコリラ(24.00%)より下ですが、南アフリカランド(6.75%)を上回る金利です。

格付けはムーディーズ:A3、S&P:BBB+と、いずれも投資適格級です。

下の表は大手FX会社でメキシコペソ円10万通貨を1日保有した場合のスワップポイント・スプレッド・最小取引単位です。

FX会社のメキシコペソ円スワップポイント等性能比較一覧表(2019年3月調査)
FX会社一覧 1日あたりの
スワップポイント
スプレッド
(メキシコペソ円)
最小取引単位
(メキシコペソ円)
みんなのFX(トレイダーズ証券) +160円 1.8銭 1000通貨
LIGHT FX(トレイダーズ証券) +160円 1.8銭 1000通貨
セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) +160円 0.4銭 1000通貨
FXプライム byGMO +150円 1.9銭
原則固定
1000通貨
アイネット証券(ループイフダン) +150円 7.0銭 1万通貨
GMOクリック証券(くりっく365) +120円 0.72銭 10万通貨
マネーパートナーズFXnano +110円 1.0銭 100通貨
サクソバンク証券 +108円 0.2銭 1万通貨
ヒロセ通商(LION FX) +100円 0.4~1.0銭 1万通貨
マネックスFX プレミアム +90円 0.4~0.9銭 1000通貨
マネーパートナーズFX +70円 0.5銭 1万通貨
外為オンライン +60円 6.0銭 10万通貨
楽天証券 +50円 0.5銭 1000通貨
DMM FX 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
外為ジャパン 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
GMOクリック証券(FXネオ) 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
インヴァスト証券(トライオートFX) 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
ライブスター証券 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
SBI FXトレード 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
ひまわり証券(ひまわりFX) 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
FXトレード・フィナンシャル 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
FXブロードネット 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
YJFX!(外貨ex) 取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし
マネースクエア
(M2J)
取扱いなし 取扱いなし 取扱いなし

 会社名をクリックされると、公式サイトを別ウインドウで開けます
※FXプライム byGMOのスプレッドは1万通貨未満の取引で片道3銭追加(1万通貨以上は手数料無料)
メキシコペソ円の1日のスワップポイントは、「みんなのFX」「LIGHT FX」「セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)」が高いです。

次に、1年でどのくらいのスワップポイントをもらえるのか調べました。


メキシコペソ円 年間スワップポイントTOP3の推移

下表はメキシコペソ円のスワップポイントが高いFX会社で、10万通貨保有した場合のスワップポイントです。

2016年~2018年 メキシコペソ円の年間スワップポイントTOP3の推移
FX会社 1位 2位 3位
2016年 ヒロセ通商
(LION FX)
-145400円
- -
2017年 ヒロセ通商
(LION FX)

-46400円
- -
2018年 FXプライム
byGMO

+47710円
GMOクリック証券
(くりっく365)

+42545円
ヒロセ通商
(LION FX)

+39375円

※みんなのFXは2018年4月16日からメキシコペソ円のサービス開始です
※マネーパートナーズFXnanoは2018年7月からデータを取り始めました
※LIGHT FXとみんなのFXは同じ会社が運営していて、スワップポイントも同じため、同じ行で表示します。

表中の赤字は該当年で1番高いスワップポイントを示しています。

2018年でメキシコペソ円のスワップポイントが一番高いのはFXプライムbyGMOでした。
一方、ヒロセ通商は、メキシコペソを取り扱うライバルFX会社がほとんどいなかったせいか、2017年7月まで買いスワップポイントがマイナスでした。

2017年10月30日からGMOクリック証券(くりっく365)がメキシコペソ円の取り扱い開始したことで、ヒロセ通商もまともなスワップポイントを提供してきました。

為替レートが急落したり、メキシコの政策金利が変わらなければ、10万通貨保有することで、年間5万円前後のスワップポイントを受け取れます。


メキシコペソ円 月間スワップポイントの推移を各FX会社で比較

さらに、直近の1年間においても、月ごとのスワップポイントを比較しました。
比較するのは メキシコペソ円の1日のスワップポイントが高い「みんなのFX」「LIGHT FX」「セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)」と、安定してメキシコペソ円のスワップポイントが高い「FXプライムbyGMO」「GMOクリック証券(くりっく365)」「マネーパートナーズFXnano」です。

直近過去1年 メキシコペソ円の月間スワップポイントの推移比較一覧表
FX会社
FXプライム
byGMO

GMOクリック証券
(くりっく365)
みんなのFX
LIGHT FX
マネーパートナーズ
FXnano
セントラル短資FX
(FXダイレクトプラス)
2018年3月 +4800円 +3312円 - - -
2018年4月 +5100円 +3879円 - - -
2018年5月 +4200円 +3503円 +4230円 - -
2018年6月 +4190円 +3351円 +4260円 - -
2018年7月 +3960円 +3354円 +4140円 +4510円 -
2018年8月 +4420円 +4071円 +4950円 +4690円 -
2018年9月 +3690円 +3533円 +4250円 +3310円 -
2018年10月 +5240円 +4115円 +5330円 +4280円 -
2018年11月 +4350円 +3498円 +4350円 +3290円 -
2018年12月 +3560円 +3053円 +4250円 +3900円 +5100円
2019年1月 +3050円 +3145円 +4090円 +3320円 +4550円
2019年2月 +3420円 +3430円 +4320円 +2970円 +4380円
合計
スワップ
+49980円 +42244円 - - -
年間金利 +8.76% +7.41% - - -
スプレッド 1.9銭 0.72銭 1.8銭 1.8銭 0.4銭
最小取引
単位
1000通貨 10万通貨 1000通貨 100通貨 1000通貨
FX会社
FXプライム
byGMO

GMOクリック証券
(くりっく365)
みんなのFX
LIGHT FX
マネーパートナーズ
FXnano
セントラル短資FX
(FXダイレクトプラス)

※表中の金額はメキシコペソ円を10万通貨保有した場合にもらえるスワップポイントです
※表中の赤字は該当年or該当月で一番高いスワップポイントです
※年間金利はレバレッジ1倍・1メキシコペソ=5.70円で計算しています
※みんなのFXは2018年4月16日からメキシコペソ円のサービス開始
※マネーパートナーズFXnanoは2018年7月からデータを取り始めました
※LIGHT FXとみんなのFXは同じ会社が運営し、スワップポイントも同じため同じ行で表示
※セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)は2018年11月20日から取り扱いを開始

直近1年では、FXプライムbyGMOが1番スワップポイントが高いです。
一方、2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始したセントラル短資FXが2018年12月から3か月津連続で高いスワップポイントを提供しています。
ただし、直近の2019年2月は、みんなのFX・LIGHT FXとほとんど差がありません。


メキシコペソ円のスプレッドが狭いFX会社

メキシコペソ円のデイトレード・スキャルピングなどの短期売買では、スプレッドの狭さが勝敗を左右することもあります。
そこで、メキシコペソ円のスプレッドを比較しました。

メキシコペソ円のスプレッド比較表(2019年3月調査)
FX会社一覧 スプレッド(メキシコペソ円)
サクソバンク証券 0.2銭
セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) 0.4銭
ヒロセ通商(LION FX) 0.4~1.0銭
マネーパートナーズFX 0.5銭
マネーパートナーズFXnano 0.5銭
楽天証券 0.5銭
GMOクリック証券(くりっく365) 0.72銭
みんなのFX(トレイダーズ証券) 1.8銭
LIGHT FX(トレイダーズ証券) 1.8銭
FXプライム byGMO 1.9銭
原則固定

※ FXプライム byGMOのスプレッドは、1万通貨未満の取引で片道3銭追加(1万通貨以上は手数料無料)
メキシコペソ円のスプレッドは、サクソバンク証券が1番低いです。

メキシコペソ円のデイトレード・スキャルピングにおすすめのFX会社
サクソバンク証券


メキシコペソ円のスワップポイントが高いFX会社ランキング

2019年2月の月間スワップポイントをもとに、メキシコペソ円のスワップポイントが高いFX会社をランキング形式で紹介します。

1位 セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)

セントラル短資(FXダイレクトプラス)2018年11月20日からメキシコペソ円の取り扱い開始。
2018年11月~2019年2月のメキシコペソ円月間スワップポイントが1位。
スプレッドも2019年3月4日から0.5銭→0.4銭に縮小。
今1番メキシコペソ円に力を入れているFX会社です。



セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)の基本情報
 スプレッド
(メキシコペソ円)
 最小取引単位
(メキシコペソ円)
 口座開設数  自己資本規制比率   売買手数料 
 0.4銭  1000通貨 17万6869口座
(2019年1月)
  837.5%
(2018年12月)
 無料

 口座開設手数料  口座維持料金  入金手数料  出金手数料   取扱通貨ペア 
 無料  無料  クリック入金サービスは無料  無料  24通貨ペア 

現在、最大20000円キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はセントラル短資FXの公式サイトでチェックしてください。

2位 みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFX2018年4月16日からメキシコペソ円の取り扱い開始。
取り扱い開始以降の月間スワップポイントが4000円台で安定して推移し、文句なく最高水準の高さを誇るFX会社です。
1位のセントラル短資FXとスワップポイントの差がほとんどありません。
他の高金利通貨のスワップポイントも最高水準の高さです。


みんなのFX(トレイダーズ証券)の基本情報
 スプレッド
(メキシコペソ円)
 最小取引単位 
(メキシコペソ円)
 口座開設数   自己資本規制比率   売買手数料
 1.8銭  1000通貨 約32万口座
(2018年9月)
193.6%
(2018年6月)
無料

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料  取扱通貨ペア 
 無料  無料  クイック入金は無料  無料  20通貨ペア 

現在、最大50000円キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はみんなのFXの公式サイトでチェックしてください。

同額2位 LIGHT FX(トレイダーズ証券)

みんなのFXみんなのFXで有名なトレイダーズ証券が運営しているFX会社。
みんなのFXと同じ性能で、メキシコペソ円のスワップポイントが最高水準です。
全ての通貨ペアで1000通貨単位での取引が可能で少額取引にも対応。
みんなのFXと違い、自動売買とオプション取引はできません。


LIGHT FX(トレイダーズ証券)の基本情報
 スプレッド
(メキシコペソ円)
 最小取引単位 
(メキシコペソ円)
 口座開設数   自己資本規制比率   売買手数料
 1.8銭  1000通貨 約32万口座
(2018年9月)
193.6%
(2018年6月)
無料

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料  取扱通貨ペア 
 無料  無料  クイック入金は無料  無料  20通貨ペア 

現在、最大50000円キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はLIGHT FXの公式サイトでチェックしてください。

4位 FXプライムbyGMO

FXプライム byGMO2018年1月22日からメキシコペソ円の取り扱い開始。
2018年2~4月は連続して月間スワップポイント第1位でしたが、みんなのFXが参加してからは5月・6月で2位と首位陥落です。
4000円台だった月間スワップポイントが、最近は3000円台とトップ争いから落ちてきました。


FXプライム byGMOの基本情報
 スプレッド
(メキシコペソ円)
 最小取引単位
(メキシコペソ円)
 口座開設数  自己資本規制比率   売買手数料 
1.9銭
原則固定
 1000通貨  18万6699口座
(2018年11月)
 608.2%
(2018年9月)
 無料~3銭

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料   出金手数料   取扱通貨ペア 
 無料  無料  クイック入金は無料  無料  20通貨ペア
※1万通貨未満の取引で片道3銭の手数料追加(1万通貨以上は手数料無料)

現在、当サイト限定で最大13000円キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はFXプライム byGMOの公式サイトでチェックしてください。

5位 GMOクリック証券(くりっく365)

GMOクリック証券くりっく3651年以上メキシコペソ円の取り扱いがある数少ないFX会社。
直近の年間スワップポイントは第2位と安定した高さです。
月間スワップポイントは3000円~4000円の間で推移し、4000円台のトップFX会社からは離されてきました。



GMOクリック証券(くりっく365)の基本情報
 スプレッド
(メキシコペソ円)
 最小取引単位
(メキシコペソ円)
 口座開設数  自己資本規制比率   売買手数料 
 0.72銭  10万通貨  44万9567口座
(2018年8月)
 436.8%
(2018年6月)
 無料

 口座開設手数料  口座維持料金  入金手数料  出金手数料   取扱通貨ペア 
 無料  無料  クイック入金サービスは無料  無料  25通貨ペア 

詳細はGMOクリック証券くりっく365の公式サイトでチェックしてください。

なお、口座開設はキャンペーンがあるGMOクリック証券(FXネオ)のほうがお得です
GMOクリック証券のくりっく365とFXネオは、どちらで口座開設しても両方トレードできます。
GMOクリック証券(FXネオ)の公式サイト


6位 マネーパートナーズFXnano

マネーパートナーズFXnano2018年6月1日からメキシコペソ円のスワップポイント強化キャンペーン。
キャンペーン中は4000円台だった月間スワップポイントが、最近は3000円前後まで下落。
ただし、100通貨単位での投資ができる貴重なFX会社で、超少額投資には向いています。


マネーパートナーズFXnanoの基本情報
 スプレッド
(メキシコペソ円)
 最小取引単位
(メキシコペソ円)
 口座開設数  自己資本規制比率   売買手数料 
1.0銭  100通貨  31万7341口座
(2018年5月)
 381.8%
(2018年3月)
 無料

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料   出金手数料   取扱通貨ペア 
 無料  無料  クイック入金は無料  無料  18通貨ペア

現在、最大77700円キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はマネーパートナーズFXnanoの公式サイトでチェックしてください。

メキシコペソ円でのスワップポイント生活をシミュレーション

メキシコペソ円で月1万円~50万円のスワップポイント収入を得るのに必要なポジション数を調べました。

FXメキシコペソ円でスワップ金利生活を送るには?
(メキシコペソ投資のメリット・デメリットも紹介)


メキシコペソ円の売りスワップポイントも比較

買いと同様に、各FX会社の売りスワップポイントについても比較しました。

メキシコペソ円の売りスワップポイントを比較


FX会社のスワップポイントを高金利通貨別に比較 高金利通貨の比較に戻る



南アフリカランド運用成績



ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドに有利なFX会社を徹底比較! ランキング掲載根拠