メキシコペソ政策金利の推移と見通し

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 高金利通貨 > メキシコペソ特集 > メキシコペソ政策金利の推移と見通し

メキシコペソの政策金利の推移と見通し

メキシコペソの政策金利は現在8.00%です。
直近の変動は2019年8月の8.25%→8.00%で、0.25%の利下げがされました。

過去の政策金利の推移はこちらです↓

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.00 8.00 8.00

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
7.25 7.50 7.50 7.50 7.50 7.75 7.75 7.75 7.75 7.75 8.00 8.25

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
5.75 6.25 6.50 6.50 6.75 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.25

2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
3.25 3.75 3.75 3.75 3.75 4.25 4.25 4.25 4.75 4.75 5.25 5.75

2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.25

2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
3.50 3.50 3.50 3.50 3.50 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00

2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4.50 4.50 4.00 4.00 4.00 4.00 4.00 4.00 3.75 3.50 3.50 3.50

2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50

2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50

2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50

2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
7.75 7.50 6.75 6.00 5.25 4.75 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50

2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.75 8.00 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25

2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
7.00 7.00 7.00 7.25 7.25 7.25 7.25 7.25 7.25 7.50 7.50 7.50


メキシコペソの政策金利が変わる最大の原因は?

メキシコペソの政策金利は、メキシコ銀行(中央銀行)によって決定します。政策金利が変わる最大の要因は、インフレ率(消費者物価指数)です。

インフレ率(消費者物価指数)とは各種の商品(財・サービス)の価格の平均的な変動を測定するものです。
このインフレ率がプラスであればインフレ、マイナスであればデフレと定義されます。

メキシコではインフレ率を3%前後にするという目標を立てています。

インフレ率が低くなると金利を下げ、逆に高くなると金利を上げることで、インフレ率を目標の範囲内に収めるようにしています。

下の図は2017-2018年のメキシコペソのインフレ率・政策金利の推移を示したものです。

インフレ率は目標の3%まで下がっていないため、政策金利は徐々に上がっているのがわかります。
このように、メキシコペソの政策金利はインフレ率と深く関わっています。


メキシコペソ政策金利の見通し

メキシコペソの金利は、インフレ率を筆頭に、以下の要因をもとに決まります。

メキシコのインフレ率
インフレ率が高いと金利が高くなり、逆にインフレ率が低いと金利が低くなる傾向にあります。
2018年11月におけるメキシコのインフレ率は4.7%です。
目標インフレ率の3%より高いため、メキシコペソの金利は今後も上がる可能性が高いです。

メキシコの景気動向
2018年7~9月のメキシコGDPは前期比+0.9%と、新興国の中では低いです。
メキシコは、景気が悪いと金利を上げることで外貨を呼び込む傾向にあります。
そのため、景気動向の観点では、今後メキシコペソの金利は上がる可能性があります。

先進国の金利動向
先進国、特に隣国であるアメリカの政策金利は、2018年に入って1.50%→2.50%と上昇しています。
先進国に金利を上げられると、高金利を魅力にしている新興国の通貨から、先進国に乗り換える動きが出始めます。そうならないように、メキシコの金利は、今後上がる可能性があります。

メキシコペソ 政策金利見通しの結論

南アフリカのインフレ率 南アフリカの景気動向 先進国の金利動向
金利上昇の可能性 金利上昇の可能性 金利上昇の可能性

これらから、メキシコペソの金利は、今後も上昇する可能性が高いです。

なお、メキシコペソの為替見通しはこちらです
メキシコペソ円の為替見通し


受け取る金利は、どのFX会社を利用しても同じ?

同じメキシコペソを購入しても、FX会社によって、受け取ることができる金利(FXの世界ではスワップポイントと呼ばれます)は大きく違ってきます

FX会社が私たち投資家に支払う金利は、メキシコの政策金利を基準に決めますが、
実際にどのくらいの金利を支払うかは、FX会社が自由に設定していいことになっています。

ですので、FX会社選びを間違えるとせっかくメキシコペソに投資しても、
少ない金利しかもらえなかったということになってしまいます。

現在、一番多くのスワップ金利をもらえるのがみんなのFXです。

詳細はこちらをご覧ください↓
メキシコペソ円のスワップポイントを比較



関連記事

南アフリカランド運用成績


ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】
運営者情報

page top