トルコリラの政策金利の推移と見通し 為替レートへの影響

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 政策金利 > トルコリラの政策金利の推移と為替レートへの影響

著者:為替カバ 更新日:2020年2月3日

トルコリラの政策金利の推移と見通し 為替レートへの影響

現在のトルコリラ政策金利は11.25%

トルコリラの政策金利は複数あります。
現在FX会社がスワップポイントの参考にするのは、「1週間物レポ金利」と呼ばれる金利です。

現在のトルコリラ1週間物レポ金利は11.25%です。
2020年1月16日に12.00%→11.25%に下がりました。

2020年トルコリラ 政策金利発表スケジュールと内容
政策金利
1月16日 12.00%→11.25%に利下げ
3月6日
4月25日
6月12日
7月25日
9月12日
10月24日
12月12日

2019年トルコリラ 政策金利発表スケジュールと内容
政策金利
1月16日 24.00%→24.00%(据え置き)
3月6日 24.00%→24.00%(据え置き)
直近のインフレ率は19.67%と高く、利下げは時期尚早と判断
4月25日 24.00%→24.00%(据え置き)
今回の声明文では「必要があれば金利を上げる」という旨の文言が消えた
そのため、25日は1トルコリラ=19.10円→18.72円まで下落
6月12日 24.00%→24.00%(据え置き)
7月25日 24.00%→19.75%に利下げ
市場予想を超える利下げ幅で、背景に金利を悪と断じるエルドアン大統領の利下げ圧力があった模様 25日は1トルコリラ=19.03円→19.05円とほぼ変わらず
9月12日 19.75%→16.50%に利下げ
直近のインフレ率が15%付近まで下がったため、
金融緩和(利下げ)を継続する方針 12日は1トルコリラ=18.80円→19.13円
10月24日 16.50%→14.00%に利下げ
インフレ見通しが改善したほか、アメリカからの経済制裁が解除され、外交的なリスクが遠のいたことも利下げ要因
12月12日 14.00%→12.00%に利下げ
エルドアン大統領は、景気を上げるため、金利を一桁台に引き下げることを要求
ただし、これ以上の利下げはリラ売りにつながる恐れあり

トルコリラの政策金利は4種類から3種類へ

トルコ中央銀行は、政策金利を下の4種類設定していました。

一番重要な金利は?
トルコリラの実質的な政策金利とみなされるものは、時期により違います。

実質的な政策金利が変わるなどの複雑な金融政策は、トルコのエルドアン大統領が政策金利の引き上げに反対しているためでした。
しかし、政策の複雑化を解消するため、2018年6月以降は以下のように変わりました。

2018年6月1日のトルコ政策金利 変更点

つまり、現在トルコの実質的な政策金利は1週間物レポ金利です。
トルコリラをFXで運用される方は、1週間物レポ金利だけを気にしておいて間違いありません。
(FX会社は、1週間物レポ金利を参考にトルコリラのスワップポイントを決定します。)


トルコリラの政策金利の推移

トルコリラの過去の主要政策金利は下のように移り変わっています。

トルコリラの主要政策金利の移り変わり
2016年12月まで:1週間物レポ金利
2017年1月~2018年5月まで:後期流動性貸出金利
2018年6月~:1週間物レポ金利

そこで、主要政策金利の推移を調べました。

トルコリラ 主要政策金利の推移
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 11.25
2019年 24.00 24.00 24.00 24.00 24.00 24.00 19.75 19.75 16.50 14.00 14.00 12.00
2018年 12.75 12.75 12.75 13.50 16.50 17.75 17.75 17.75 24.00 24.00 24.00 24.00
2017年 11.00 11.00 11.75 11.75 12.25 12.25 12.25 12.25 12.25 12.25 12.25 12.75
2016年 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 8.00 8.00
2015年 7.75 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50
2014年 10.00 10.00 10.00 10.00 9.50 8.75 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25
2013年 5.50 5.50 5.50 5.00 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50
2012年 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.50
2011年 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75
2010年 6.50 6.50 6.50 6.50 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 6.50
2009年 13.00 11.50 10.50 9.75 9.25 8.75 8.25 7.75 7.25 6.75 6.50 6.50
2008年 15.50 15.25 15.25 15.75 15.75 16.25 16.75 16.75 16.75 16.75 16.25 15.00

2008年以降におけるトルコの政策金利は、4.50%~24.00%の間で推移しています。
赤字:最高金利 青字:最低金利)

日本の政策金利と比較して、非常に高金利であることが分かります。

ちなみに、FX会社も上の政策金利を参考にして、トルコリラ円のスワップポイントを決めます。
ただし、あくまで「参考」で、FX会社によりスワップポイントの設定金額が違いますので、1番高いスワップポイントを提供するFX会社で取引することをおすすめします。
トルコリラ円のスワップポイントを比較


トルコリラの政策金利見通し

トルコリラの政策金利は現在11.25%です。

FXで利用可能な通貨の中で、この金利の高さは、為替取引量の多い上位20通貨中1番で、2番手のメキシコペソの政策金利(7.50%)よりかなり高いです。過去の政策金利の推移からも、金利が異常に高い状態といえます。

2018年9月の利上げ目的は、6月の利上げ時と同様に最安値を更新し続ける「トルコリラ安」を食い止めるためでした。
トルコ中央銀行の思惑通り、9月7日に1トルコリラ=16.80円だった為替相場は、利上げ発表後18.73円まで上昇しました。

2019年7月25日、20%を超えていたトルコのインフレ率は15.70%まで下がり、米ドルも利下げの可能性が高まっていることから、トルコが利下げをしても通貨リラの下落リスクは低いと判断し、利下げしました。

ただし、市場の予想を大きく超える利下げは、市場では
「金利を悪と断じるエルドアン大統領の利下げ圧力があった」
と推測しています。

そして、2019年7月・9月・10月・12月2020年1月と5会合連続で利下げしました。

2月3日時点で1トルコリラ=18.27円と落ち着いており、今後もさらに利下げされる可能性があります。

トルコ エルドアン大統領の政策金利に関する言動


トルコリラの政策金利見通し 結論

2019年7月にトルコ中央銀行総裁が、利下げに消極的なチェティンカヤ氏から、エルドアン大統領が推薦するウイサル氏に代わったことで、今後も利下げされやすい状況です。


トルコリラの政策金利は、トルコリラ円の為替レートに影響を与える?

トルコリラは、高金利で魅力の通貨です。
そのため、政策金利が動くことで為替レートも変動するのか、相関関係を調べてみました。

トルコリラの政策金利と為替レートの相関

上の図は、2008年1月~2018年6月における、トルコリラの政策金利と為替レートの相関図です。政策金利が上がった場合と下がった場合で、トルコリラ円の為替レートがどのように変動するのか調べました。


政策金利が上がった場合

2008年以降、トルコの政策金利が上がったのは、下の4回です。

①2008年3月→2008年7月
トルコリラの政策金利は、15.25%→16.75%まで、1.50%上がりました。
その間、トルコリラ円の為替レートは、85.01円→86.80円に上昇しました。

②2010年4月→2010年5月
トルコリラの政策金利は、15.25%→16.75%まで、1.50%上がりました。
その間、トルコリラ円の為替レートは、61.50円→63.12円に上昇しました。

③2013年12月→2014年1月
トルコリラの政策金利は、4.50%→10.00%まで、倍以上の5.50%上がりました。
政策金利が倍以上になりましたが、トルコリラ円の為替レートは、50.07円→48.95円に下落しました。

④2016年10月→2018年9月
トルコリラの政策金利は、7.50%→24.00%まで3倍以上に上がりました。
トルコリラ円の為替レートは、33.17円→17.65円に下落しました。

トルコリラの政策金利が上がった場合、トルコリラ円は上昇(円安)2回、下落(円高)2回です。


政策金利が下がった場合

2008年以降、トルコの政策金利が下がったのは、下の3回です。

①2008年10月→2009年11月
トルコリラの政策金利は、16.75%→6.50%まで、一気に10.25%下がりました。
その間、トルコリラ円の為替レートは、83.55円→59.55円に下落しました。

②2010年11月→2013年5月
トルコリラの政策金利は、7.00%→4.50%まで、2.50%下がりました。
その間、トルコリラ円の為替レートは、56.04円→54.34円に下落しました。

③2014年4月→2015年1月
トルコリラの政策金利は、10.00%→7.50%まで、2.50%下がりました。
その間、トルコリラ円の為替レートは、48.21円→51.33円に上昇しました。

トルコリラの政策金利が下がった場合、トルコリラ円は下落(円高)2回、上昇(円安)1回です。


トルコリラの政策金利と為替レートの相関 結論

事例が少なく、はっきりと断言できませんが、2013年12月から2014年1月にかけて、政策金利が4.50%→10.00%まで、2倍以上の5.50%上がったにもかかわらず、トルコリラ円が下落したことなどを考慮すると、政策金利とトルコリラ円の為替レートは、長期で見ると
「政策金利の利上げ=為替レートの上昇(円安)」
といった相関は見られないと言えます。



関連記事
南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


通貨別カテゴリ


人気FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top