南アフリカランド円のリスクヘッジ法

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 投資法を検証 > 南アフリカランド円のリスクヘッジ法

南アフリカランド円のリスクヘッジ法

リスクヘッジとは?

辞書には、買い方の値下がり損や売り方の値上がり損を防ぐために、逆の空売り、空買いをする保険的な操作とあります。

ランド円のリスクヘッジにおいては、多くの方がスワップポイントを狙ったトレードをされていますので、ランド円の買いにおける為替差損を防ぐ方法となります。

南アフリカランド円に対するリスクヘッジの種類

考えられる方法は以下のものがあります。

  1. 日経平均の空売り
  2. 逆相関の通貨ペア
  3. ランド円の売り

1.日経平均の空売り・・・日本の株価とランド円の為替相場には相関関係があることが分かっています。つまり、株価が上がるとランド円がも上がり、株価が下がるとランド円も下がる関係です。
しかしながら、100%そうなるわけではありません。確率は高くないのですが、株価が上がってもランド円が下がる場合があったり、株価が下がってもランド円が上がる場合があります。
詳しくはこちらです→日本の株価とランド円の為替相場の相関
また、日経平均の変動率はランド円よりも断然大きくなります。
そのため、日経平均の空売りをランド円のリスクヘッジにするのは不向きでしょう

2.逆相関の通貨ペア・・・ランド円と逆相関の通貨ペアをしたらどうかと考えてみました。
ドル円、ユーロ円といったクロス円の売りが、ランド円の買いと逆相関関係にある通貨ペアといえます。

通貨ですので、変動率も日経平均と比べると小さいといえます。

それでも、まったくの逆相関ではありませんので、ランド円が下がっても、他のクロス円の通貨ペアが上がる場合だってあります。
年単位で見ると、ランド円が下落しているのに、クロス円の通貨ペアが上がっている場合もあります。
逆相関の通貨ペアも、ランド円のリスクヘッジにはあまり向きません
詳しくはこちらです→南アフリカランド円と逆相関の通貨ペアは?

3.ランド円の売り・・・ランド円の買いとは100%逆相関の関係にあります。
でも、結局「売り」になると高いスワップポイントを支払わないといけないので、
意味ないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、
スワップポイントはFX業者が自由に設定していいことになっています。

そのため同じランド円の通貨ペアでもFX業者によってスワップポイントが大きく違ってきます。
そこで、ランド円の売りをリスクヘッジとして検討してみることにしました。


ランド円の売りをリスクヘッジにした場合

獲得スワップポイントを比較

利用するFX会社は、ランド円の買いスワップが一番多いGMOクリック証券くりっく365と、
ランド円の売りスワップが一番少ないDMM FXです。

FX会社のスワップ比較 詳細はこちら↓
ランド円のスワップポイント・買いを比較
ランド円のスワップポイント・売りを比較

リスクヘッジ有無の比較例
リスクヘッジなし:20万ランド買い
リスクヘッジあり:20万ランド買い・10万ランド売り
とした場合、リスクヘッジあり・リスクヘッジなしの獲得スワップポイントはこちらです。

リスクヘッジ有無での獲得スワップポイント比較表
リスクヘッジなし リスクヘッジあり
2013年 +91804円 +63804円
2014年 +100728円 +64608円
2015年 +109934円 +72004円
2016年 +111420円 +66740円
2017年 +120452円 +71982円
2018年 +113618円 +67978円
年間平均 +107993円 +67853円

当然ですが、受け取るスワップポイントは、ランド円売りを保有しない「リスクヘッジなし」が多いです。
次に、ランド円の為替レートが円高に動いた場合の合計損益を比較します。

ランド円の為替レート円高時の合計損益を比較

1年間保有後、1円の円高になった場合
リスクヘッジなし リスクヘッジあり
為替損益 -200000円 -100000円
獲得スワップポイント +107993円 +67853円
合計損益 -92007円 -32147円

※獲得スワップポイント:2013年~2018年の年間平均スワップポイントを採用(以下同じ)
1円の円高では、リスクヘッジありでも為替損益を吸収しきれず、どちらもマイナスでした。
ただし、リスクヘッジなしは合計損益が10万円近い損失なのに対し、リスクヘッジありの損失は少額です。

1年間保有後、0.6円の円高になった場合
リスクヘッジなし リスクヘッジあり
為替損益 -120000円 -60000円
獲得スワップポイント +107993円 +67853円
合計損益 -12007円 +7853円

0.6円の円高では、リスクヘッジなしでは、合計損益がプラスなのに対し、リスクヘッジありはマイナスでした。

1年間保有後、0.3円の円高になった場合
リスクヘッジなし リスクヘッジあり
為替損益 -60000円 -30000円
獲得スワップポイント +107993円 +67853円
合計損益 +47993円 +37853円

0.3円の円高では、合計損益はリスクヘッジありよりもリスクヘッジなしのほうが多いです。

今回の例では、買いポジションと売りポジションの保有比率を2対1にしましたが、
リターンをもっと大きく取りたい場合は3対1、4対1など買いポジションの比率を高くし、
逆に、リスクをもっと少なくしたい場合は3対2、4対3など、売りポジションの比率を高くすることで調整できます。


南アフリカランド円リスクヘッジ法のメリットとデメリット

この投資法のメリットとデメリットを考えてみます。

デメリット
・リスクヘッジなしと比べるとスワップ利益は少なくなる

メリット
・通常のスワップトレードより為替によるリスクが少なく、利益が安定している
・最初にポジションを購入後は、ほぼほったらかし状態で金利差益を受け取れる


リスク  小(最小1)        大(最大5)
最大リターン  小(最小1)      大(最大5)
手間  小(最小1)     大(最大5)

※最大リターン・・・この投資法で期待できる最大の利益

南アフリカランド円のリスクヘッジで利用するFX会社

GMOクリック証券 くりっく365

GMOクリック証券 くりっく365・ランド円のスワップポイントが最高水準のFX会社
・ランド円のスプレッドも0.92銭と、最も狭い
・取引手数料0円はくりっく365でこの会社だけ
(キャンペーンではなく、2013年10月1日からずっと取引手数料0円)
・口座開設者数44万9567口座(2018年8月)と人気です
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません




詳細はGMOクリック証券(くりっく365)公式サイトでチェックしてください。


DMM FX

DMM FX
・ランド円の売り支払いが一番少ないFX会社
・スプレッドも最高水準のレベル
・取引ごとに取引応援ポイント(ポイントは現金と交換できます)
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません




現在、当サイト限定で最大24000円キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はDMM FXの公式サイトでチェックしてください。


南アフリカランド円でスワップポイントメインの長期投資法(人気順)
  1. スワップポイントサヤ取り(スワップアービトラージ)
  2. リスクヘッジトレード
  3. スワップ金利の複利積立運用
  4. スワップトレード 全額一括投資
  5. スワップトレード 毎月一定通貨積立投資
  6. ドル・コスト平均法で購入
南アフリカランド円で為替差益メインの中期~長期投資法(人気順)
  1. 両建てトレード
  2. スイングトレード(買い)
  3. 暴落を利用したトレード
  4. スイングトレード(売り)
  5. トラリピ
総合評価
  南アフリカランド投資法の検証まとめ

FX投資お役立ち情報
  1. FXスワップ金利計算機(南アフリカランドなどの高金利通貨対応)
  2. FXレバレッジ計算機(南アフリカランド円などクロス円通貨ペア対応)
  3. 南アフリカランド円の必要証拠金早見表




南アフリカの夕日 とっても癒されます

南アフリカランド運用成績



ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドに有利なFX会社を徹底比較!