南アフリカランド円でFXトラリピトレード

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 投資法を検証 > トラリピ

南アフリカランド円でFXトラリピトレード

トラリピとは

トラリピとは、トラップ リピート イフダンという注文方法の略です。

通常のイフダン注文↓は、買った後に売られたら、取引はそこで終了です。



一方、リピートイフダン↓は、イフダンが自動的に繰り返されます。


リピートイフダンが1本だけでは、下図のように値動きを捉えられない場合もあります。


でも、わなのようにたくさん仕掛けることで、利益を狙っていくというものです。




南アフリカランド円でトラリピをした場合のトレード成績

  トラリピの条件

※1・・・トラップ値幅とは、何円刻みでトラップを仕掛けるかというものです。
例)トラップ値幅が0.01円刻みの場合
10.01円、10.02円、10.03円ごとにトラップ(リピートイフダン注文)を仕掛けます。
2012年は0.02円、2013年は0.03円、2014年は0.07円のトラップ値幅が一番良い成績でした。

トラップ値幅の大きさによるメリットとデメリット
 トラップ値幅  メリット  デメリット
 大きい ・売買数が少なく、小資金でもOK
・値動きが大きいとチャンス大
・値動きが小さいとチャンスを逃す
 可能性がある
 小さい ・エントリー数が多くなり
 チャンスを逃す可能性が低い
・売買数が多くなり、多くの資金が必要


2012年~2014年 ランド円トラリピ売買成績(1万通貨の場合)
 売買回数   証拠金※1   未実現損益※2   為替損益※3   スワップ
ポイント 
 合計損益※4
 2012年   128回  1526666円  0円  +256300円  +31255円 +287555円 
 2013年   134回  1312666円  -36100円  +268000円  +44444円 +276344円 
 2014年   32回  643000円  +3000円  +64000円  +15753円 +82753円 
 合計 - - -33100円  +588300円  +91452円 +679752円 

  ※1・・・必要証拠金はレバレッジ3倍で計算しています
  ※2・・・未実現損益とは、ポジション未決済の含み損益です
  ※3・・・スプレッドを考慮した成績です
  ※4・・・合計損益では、未実現損益をその年の最後に決済したものとしています


1万通貨でトレードした場合の各年の年利は以下の通りです。

レバレッジ1倍でトレードした場合
 年   必要証拠金
 損益(スワップポイント込み)   年利
 2012年  4580000円  +287555円  +6.3% 
 2013年  3938000円  +276344円  +7.0% 
 2014年  1929000円  +82753円  +4.3% 

レバレッジ1倍でトレードした場合の年利は平均5.9%でした。


レバレッジ2倍でトレードした場合
 年   必要証拠金
 損益(スワップポイント込み)   年利
 2012年  2290000円  +287555円  +12.6% 
 2013年  1969000円  +276344円  +14.0% 
 2014年  964500円  +82753円  +8.6% 

レバレッジ2倍でトレードした場合の年利は平均11.7%でした。


レバレッジ3倍でトレードした場合
 年   必要証拠金
 損益(スワップポイント込み)   年利
 2012年  1526666円  +287555円  +18.9% 
 2013年  1312666円  +276344円  +21.0% 
 2014年  643000円  +82753円  +12.9% 

レバレッジ3倍でトレードした場合の年利は平均17.6%でした。


2015年の南アフリカランド円FXトラリピトレード成績

2012年~2014年の3年間は、マイナスになることがありませんでした。

これは、2015年も同様に当てはまるのでしょうか。
検証してみました。


2015年 ランド円トラリピ売買成績(1万通貨の場合)
損益  売買回数   トラリピ1回あたり
 利益金額
 直近注文日時   設定レンジ(円)   合計損益※1
 1位   35回  3500円  2015年12月30日 7.0-11.8 +189197円 
 2位   33回  3500円  2015年12月15日 7.1-11.9 +176154円 
 3位   16回  5500円  2015年12月17日 7.0-11.8 +156157円 

  ※1・・・合計損益は、スワップポイントによる利益も含みます

2015年も、相場の上げ下げを上手に活用したトレード成績になっています。


2016年の南アフリカランド円FXトラリピトレード成績

2016年のランド円為替相場は、トラリピトレードにはうってつけのレンジ相場でした。
2016年1月は、1ランド=7.77円で始まり、
2016年6月には史上最安値である、1ランド=6.37円をマークし、
2016年12月は、1ランド=8.3円前後まで円安になっています。

トランプ相場で荒れた、2016年11月の一か月間だけトレードしても、以下の投資成績です。

 売買回数   証拠金   未実現損益   為替損益  スワップ
ポイント 
 合計損益
 34回  460224円  0円  +68000円  +1646円 +69646円 

※トラリピの条件は2012年~2014年と同じです。


南アフリカランド円FXトラリピトレードのメリット・デメリット

デメリット
・一方向の円高、あるいは円安では保有したポジションの含み損が膨らんでしまう恐れあり

メリット
・最初に設定さえしておけば自動で取引をしてくれるので、手間がかからない
・レンジ相場では、購入と決済が繰り返され、効率よく投資できる


リスク  小(最小1)        大(最大5)
最大リターン  小(最小1)       大(最大5)
手間  小(最小1)      大(最大5)


ランド円でトラリピを出来るFX会社

この投資法の特許を保有している、マネースクエア(M2J)でのみ利用可能です。

マネースクエア

マネースクエア
・トラリピが出来るのはこのFX会社だけ
・専門家によるマンツーマンコンサルティングが可能
・自己資本規制比率が高く安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません


マネースクエア(M2J)の基本情報
 スプレッド
(ランド円)
 最小取引単位 
(ランド円)
 口座開設数   自己資本規制比率   売買手数料  取扱通貨ペア 
 3.0銭
原則固定
 1万通貨 非公開 415.0%
(2018年3月)
 200円
(1万通貨)
 11通貨ペア 

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料
 無料  無料  クイック入金サービスは無料  無料

詳細はマネースクエア(M2J)の公式サイトでチェックしてください。


南アフリカランド円でスワップポイントメインの長期投資法(人気順)
  1. スワップポイントサヤ取り(スワップアービトラージ)
  2. リスクヘッジトレード
  3. スワップ金利の複利積立運用
  4. スワップトレード 全額一括投資
  5. スワップトレード 毎月一定通貨積立投資
  6. ドル・コスト平均法で購入
南アフリカランド円で為替差益メインの中期~長期投資法(人気順)
  1. 両建てトレード
  2. スイングトレード(買い)
  3. 暴落を利用したトレード
  4. スイングトレード(売り)
  5. トラリピ
総合評価
  南アフリカランド投資法の検証まとめ

FX投資お役立ち情報
  1. スワップ金利計算機(南アフリカランドなどの高金利通貨対応)
  2. FXレバレッジ計算機(南アフリカランド円などクロス円通貨ペア対応)
  3. 南アフリカランド円の必要証拠金早見表




ケニアのビーチ すばらしい景色です

南アフリカランド運用成績



ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドに有利なFX会社を徹底比較!