FXで取引する通貨ペアの選び方

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FXで失敗する前に > FX初心者様 QアンドA > FXで取引する通貨ペアの選び方

FXで取引する通貨ペアの選び方

ここでは、南アフリカランドやFXに関する良くある疑問をご紹介しています。

Q.FXで取引する通貨ペアの選び方について教えてほしい

A.FXで、どの通貨ペアを選ぶかによって、投資結果がかなり違ってきますので、以下の項目に沿って詳しく説明していきます。

  1. FXで取引する通貨ペアの種類
  2. 取引量の多い通貨ペアは?
  3. 各通貨の特徴
  4. 投資戦略によって取引する通貨ペアを使い分け
  5. 長期投資(スワップポイント狙い)でオススメの通貨ペア
  6. スイングトレード(為替差益+スワップ狙い)でオススメの通貨ペア
  7. デイトレード(微小な為替差益狙い)でオススメの通貨ペア

1.FXで取引する通貨ペアの種類

世界の外国為替取引市場では、現在、アメリカドルを中心に取引が行われています。
そのため、日本のFX会社が提供する通貨ペアは大きく3つに分けることができます。

 通貨ペアの種類  代表的な通貨ペア
 ドルストレート通貨  ドル円、ユーロドル、ポンドドル、ドルスイス、豪ドルドル、NZドルドル
 クロス通貨  ユーロスイス、豪ドルNZドル、豪ドルスイス、NZドルスイス
 クロス円通貨  南アフリカランド円、豪ドル円、NZドル円、トルコリラ円、中国人民元円

2.取引量の多い通貨ペアは?

FXで投資する上で一番避けたいリスクとして、流動性リスクがあります。

流動性リスクとは、市場で取引量が少ないため、換金しようと思った時に、すぐに売れなかったり、希望した価格で売れなかったりするリスクのことを指します。

でも、取引量の多い通貨ペアを選ぶことで、そのようなリスクは解消されます。
世界の為替取引量は全体を100%とした場合、

と、主要3通貨で70.3%を占めています。
※出展 Foreign exchange turnover in April2016 preliminary global resuluts

一方、日本のFX市場ではその傾向が違っています。
下の表は日本の金融取引所(くりっく365)でFX取引されている通貨ペアの取引数量です。

金融取引所 2018年1月~12月の取引数量
 順位  通貨ペア  取引数量(単位:枚)
1位 米ドル/円 836万3218
2位 トルコリラ/円 610万9747
3位 南アフリカランド/円 447万5626
4位 豪ドル/円 287万2116
5位 英ポンド/円 247万7581
6位 ユーロ/円 178万7220
7位 メキシコペソ/円 122万6944
8位 NZドル/円 108万1621
9位 ユーロ/米ドル 107万7450
10位 英ポンド/米ドル 47万655
11位 豪ドル/米ドル 22万4403
12位 スイスフラン/円 20万746
13位 カナダドル/円 18万8629
14位 ポーランドズロチ/円 13万9930



25位 ユーロ/スイスフラン 2万1565
(出展 金融取引所)

日本では、ランド円やトルコリラ円などの高金利通貨が人気で、活発に取引されています。このように、なるべく取引量の多い通貨ペアを選ぶことで、流動性のリスクをなくせます。


3.各通貨の特徴

先ほどの表で、日本のFX市場で取引量の多い通貨について、その特徴を調べてみます。

アメリカドルの特徴
GDP世界1位を誇るアメリカの通貨です。世界各国の外貨準備として利用されるなど、世界で基準・中心となる通貨(基軸通貨)としての役割を持ち、FXをしたことがない人でも知っています。
取引量が一番多く、他の通貨に比べ変動の幅が小さいのが特徴です。

豪ドルの特徴
60種類以上の鉱物を算出する資源大国と知られるオーストラリアの通貨です。オーストラリアは牛肉や農作物など食料品の輸出も多く、安定した経済成長で日本でとても人気がある通貨です。

南アフリカランドの特徴
アフリカでもっとも豊富な鉱物資源を持つ南アフリカの通貨です。金やプラチナ、ダイヤモンドといった鉱物資源は、生産量・埋蔵量ともに世界のトップクラスの資源大国です。
また、近年、先進国の自動車メーカーが南アフリカに工場を建てるなど、鉱工業以外の分野でも力を入れています。
日本と比べ、金利が非常に高く(政策金利は6.50%)、豪ドルに次いで日本で人気があります。

ユーロの特徴
フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどの19か国で導入されている通貨です。世界の取引量はドルに次いで多くなっています。そのため、第2の基軸通貨として期待されています。

トルコリラの特徴
ヨーロッパとアジアをまたがって位置するトルコ共和国の通貨です。ヘーゼルナッツやさくらんぼの生産で有名な農業大国です。
南アフリカランドと同様、高金利通貨として有名ですが、南アフリカランドはほとんどのFX会社で取り扱いがあるのに対して、トルコリラはまだ取扱いのあるFX会社が少ない状態です。

NZドルの特徴
日本とほぼ同じ国土面積を持ちながら、農業(酪農、畜産)が盛んで、輸出品の3割を占めています。2008年に8%を超えていた政策金利は現在、1.75%まで下がっています。

ポンドの特徴
ヨーロッパの経済大国、イギリスの通貨です。1日当たりの外国為替取引額は、イギリスが世界一(2013年)で、ポンドも投資対象として活発に取引されています。

各通貨の特徴 比較表
 通貨  発行国
 GDP※1
 格付け※2  政策金利  代表通貨ペア
 取引数量※3
 代表通貨ペア
 年間為替変動率※4
 アメリカドル  18.6兆ドル  AA+  2.00% 米ドル円
約1047万枚
 13.06%
 豪ドル  1.3兆ドル  AAA  1.50% 豪ドル円
 約201万枚
 14.61%
 南アフリカランド  0.3兆ドル  BB+  6.75% ランド円
 約415万枚
 23.30%
 ユーロ  -  -  0.00% ユーロ円
 約170万枚
 13.60%
 トルコリラ  0.8兆ドル  BB  24.00% トルコリラ円
 約352万枚
 28.07%
 NZドル  0.2兆ドル  AA  1.75% NZドル円
 約105万枚
 15.29%
 ポンド  2.6兆ドル  AA  0.50% ポンド円
 約213万枚
 18.34%

※1 GDP:2016年のGDP(国内総生産)を当年の為替レートによりアメリカドルに換算
※2 格付け:格付け会社S&Pによる格付けを表示しています。ユーロは1か国のみの通貨ではないので格付けはされていません。格付け記号の詳細はこちら
※3 代表通貨ペア取引数量:金融取引所(くりっく365) 2016年1月~12月の取引数量
※4 年間為替変動率:2014~2018年の5年間の平均値を上の表に掲載しています


4.投資戦略によって取引する通貨ペアを使い分け

どのような投資戦略を取るかで、取引する通貨ペアを変えていく必要があります。

例えば、スワップポイントを狙う目的で投資する場合、金利の低いユーロやポンドではほとんど役に立ちません。

まずは、ご自身がどのような投資スタイルでFXトレードをしていくのか決める必要があります。

主な投資戦略

スワップポイントをご存じない方はこちら→スワップポイントって何?


5.長期投資(スワップポイント狙い)でオススメの通貨ペア

長期投資(スワップポイント狙い)では、政策金利が高いのはもちろん、長期間保有するため、取引量があり、格付けも高めの通貨を選ぶ必要があります。その点を考慮した、長期投資に適した通貨ペアは

  1. 南アフリカランド円
  2. 米ドル円
  3. 豪ドル円
  4. NZドル円
  5. トルコリラ円
  6. メキシコペソ円

です。ただし、同じ通貨ペアでも、もらえるスワップポイントに大きな差があります。
ですので、長期投資では、高いスワップポイントをもらえるFX会社でトレードするのが重要です。


6.スイングトレード(為替差益+スワップ狙い)でオススメの通貨ペア

スイングトレードでは、変動率の大きな通貨ペアのほうが、効率よく稼ぐことができます。その点を考慮したオススメの通貨ペアは

です。さらに、スワップポイントも狙うのであれば、ランド円とトルコリラ円になります。


7.デイトレード(微小な為替差益狙い)でオススメの通貨ペア

デイトレードでは、何度も売買をするため、取引コストが少ない通貨ペア、つまりスプレッドの狭い通貨ペアであるほど有利です。
※スプレッドとは、往復売買手数料です。

スプレッドは世界で為替取引量が多い、アメリカドル・ユーロ・日本円が絡んだ通貨ペアで狭くなる傾向があります。その点を考慮したオススメ通貨ペアは、

になります。ただし、同じ通貨ペアでもFX会社によってスプレッドが異なりますので、なるべくスプレッドの狭いFX会社を選ぶ必要があります。
主要通貨ペアのスプレッドでFX会社を比較



FX初心者様 Q&A 一覧

FXに関するご質問がありましたら、遠慮なくどうぞ
お問い合わせはこちら


南アフリカランド運用成績



ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドに有利なFX会社を徹底比較!