トルコリラ円の暴落・急落で利益を上げるFXトレード法

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FX高金利通貨の投資法を検証 > トルコリラ円の暴落・急落で利益を上げるFXトレード法

トルコリラ円の暴落・急落で利益を上げるFXトレード法

トルコリラ円では、年単位で長期間保有すると、売却時に為替レートが暴落(急落・下落)している可能性が高く、なかなか利益を出しにくいことが分かりました。
詳しくはこちらです→トルコリラ円でスワップトレード
そこで、買いではなく、売りポジションを保有することで利益を出せるか検証しました。

この記事のもくじ
  1. トルコリラ円FX暴落トレードの売買ルール
  2. トルコリラ円FX暴落トレードの運用成績
  3. トルコリラ円暴落トレードのリスクヘッジで南アフリカランド円を保有
  4. 2019年 トルコリラ円暴落トレードの成績
  5. 結論 メリットとデメリット

トルコリラ円FX暴落トレードの売買ルール

以下の簡単な売買ルールで暴落トレードを行います。

保有条件

毎月、月初めに売りポジションを保有

決済条件

1か月後~6か月後の決められた期間に決済

売買例

2016年3月から開始、3か月後決済とした場合
2016年3月1日に売りポジション保有→2016年6月1日に決済
2016年4月1日に売りポジション保有→2016年7月1日に決済
2016年5月1日に売りポジション保有→2016年8月1日に決済
・・・・
と、毎月売りポジションを保有していきます。

最大保有ポジション

1万通貨の取引を行う場合は、保有期間別に最大保有ポジションは以下のようになります。

保有期間別 最大保有ポジション数
保有期間 1か月保有 2か月保有 3か月保有 4か月保有 5か月保有 6か月保有
最大保有
ポジション
1万通貨 2万通貨 3万通貨 4万通貨 5万通貨 6万通貨

1か月ごとに売りポジションを保有するため、保有期間が長くなるほど、保有期間が被ります。
そのため、最大保有ポジション数も多くなる傾向にあります、


トルコリラ円FX暴落トレードの運用成績

2008年~2018年にトルコリラ円暴落トレードをした場合の検証結果です。

保有期間別 トルコリラ円FX暴落トレードの運用成績表(1万通貨)
1か月保有 2か月保有 3か月保有 4か月保有 5か月保有 6か月保有
2008年 +233165円 +467382円 +622758円 +659185円 +746038円 +888122円
2009年 -84761円 -188109円 -235367円 -301506円 -358446円 -362200円
2010年 +54511円 +105142円 +129665円 +168635円 +229233円 +261037円
2011年 +88433円 +141950円 +161673円 +206739円 +258776円 +324414円
2012年 -102949円 -220670円 -297424円 -378314円 -493442円 -633731円
2013年 -27404円 +15743円 +46413円 +55638円 +84114円 +99996円
2014年 -67202円 -137341円 -199609円 -220354円 -222168円 -241136円
2015年 +66623円 +103681円 +168778円 +199586円 +232787円 +291994円
2016年 +51917円 +109332円 +132511円 +181071円 +203960円 +232213円
2017年 +1460円 -22800円 -26891円 -21891円 -10768円 +31218円
2018年 +61491円 +110002円 +150593円 +181715円 +235387円 +277843円
年間平均
リターン
+25026円 +44028円 +59373円
+66409円

+82316円

+106343円
1か月保有 2か月保有 3か月保有 4か月保有 5か月保有 6か月保有

上の成績表は、トルコリラ円1万通貨を暴落トレードで運用した場合の成績です。
なお、成績はマイナススワップも反映させています。

トータルでは1~6か月のすべての保有期間でプラス運用

単年でみると、マイナスになっている年もありますが、トータルでは、いずれの保有期間でも、プラスの運用になっていて、比較的利益を出しやすい方法であることが分かります。

特に長期間保有するほど、トータルではたくさんの利益を得られています。

トルコリラ円の暴落トレードは3か月程度の保有期間が無難

本手法は、保有期間が1か月→6か月と長くなるほど、トータルの利益も大きくなることが分かりました。ただし、保有期間が長くなると、最大保有ポジション数や最大損失も大きくなる傾向があるため、3か月程度にとどめておく方が無難です。

保有期間別 トルコリラ円FX暴落トレードの年間最大損失(1万通貨)
1か月保有 2か月保有 3か月保有 4か月保有 5か月保有 6か月保有
過去の
最大損失
-102949円
(2014年)
-220670円
(2014年)
-297424円
(2014年)
-378314円
(2014年)
-493442円
(2014年)
-633731円
(2014年)

暴落トレードがマイナスになった年はトルコリラ円は上昇相場

2009年、2012年、2014年は全ての保有期間でマイナスです。
これらの年のトルコリラ円の為替レートは、

と上昇相場でした。

リスクヘッジとして、トルコリラ円の上昇時には同様に上昇し、トルコリラ円よりは下落しにくいランド円のスワップトレード(長期保有)と組み合わせると、安定した成績を残せそうです。


トルコリラ円暴落トレードのリスクヘッジで南アフリカランド円を保有

ランド円の買いポジションを保有をすることで、トルコリラ円の売りポジションを保有する、暴落トレードのリスクヘッジになるのか、検証しました。

南アフリカランド円を1年保有した場合の通貨量別投資成績

南アフリカランド円を1年保有した場合の投資成績
 1万通貨 3万通貨 5万通貨 10万通貨
2008年 -51011円 -153033円 -255055円 -510110円
2009年 +38432円 +115296円 +192160円 +384320円
2010年 +10247円 +30741円 +51235円 +102470円
2011年 +34388円 +103164円 +171940円 +343880円
2012年 +11814円 +35442円 +59070円 +118140円
2013年 +2490円 +7470円 +12450円 +24900円
2014年 +8636円 +25908円 +43180円 +86360円
2015年 -20704円 -62112円 -103520円 -207040円
2016年 +6301円 +12602円 +31505円 +63010円
2017年 +11622円 +34866円 +58110円 +116220円
2018年 -9119円 -27357円 -45595円 -91191円

※上表の金額は、為替損益・スワップポイントを考慮しています。
リーマンショックがあった2008年、中国初の世界同時株安があった2015年、米中貿易摩擦で市場が不安定だった2018年はマイナスですが、それ以外の年はプラスです。

一方、トルコリラ円の暴落トレードで成績の良くない2009年・2012年・2014年・2017年は、ランド円の長期保有ではプラスです。

そこで、

  1. トルコリラ円暴落トレード(1万通貨で保有期間3か月)
  2. ランド円長期投資(5万通貨を1年間保有)

を組み合わせて、トレード成績を調べました。

トルコリラ円の暴落トレード+南アフリカランド円1年保有の投資成績

トルコリラ円暴落トレード+ランド円1年保有の投資成績
 保有年  トルコリラ円暴落トレード
(1万通貨)
ランド円1年保有
(5万通貨)
運用成績の合計
 2008年 +622758円  -255055円  +367042円
 2009年 -235367円  +192160円  -43207円
 2010年 +129665円  +51235円  +180900円
 2011年 +161673円  +171940円  +333613円
 2012年 -297424円  +59070円  -238354円
 2013年 +46413円  +12450円  +58863円
 2014年 -199609円  +43180円  -156429円
 2015年 +168778円  -103520円  +65258円
 2016年 +132511円 +31505円  +165258円
 2017年 -26891円 +58110円  +31219円
 2018年 +150593円 -45595円 +104998円
 年間平均
 リターン
+59373円 +19589円  +78962円

予想した通り、ランド円の長期保有を組み合わせることで、2009年・2012年・2014年・2017年の損失を減らすことができました。

また、年間平均リターンも、5万9373円→7万8962円にアップしました。


2019年 トルコリラ円暴落トレードの成績

さらに2019年の、マイナススワップも考慮した最新のトレード成績を下の表に紹介します。

2019年 トルコリラ円FX暴落トレードの運用成績表(1万通貨)
1か月保有 2か月保有 3か月保有 4か月保有 5か月保有 6か月保有
1月
保有開始
-9009円 -8813円 保有中 保有中 保有中 保有中
2月
保有開始
+196円 保有中 保有中 保有中 保有中 保有中
3月
保有開始
4月
保有開始
5月
保有開始
6月
保有開始
7月
保有開始
8月
保有開始
9月
保有開始
10月
保有開始
11月
保有開始
12月
保有開始

2019年は、始まったばかりでまだ何とも言えません。


結論 メリットとデメリット

トルコリラ円でのFXトレードは、売りから入っても利益を得られることが分かりました。

以下のメリット、デメリットを理解して、デメリットを差し引いてもメリットに魅力を感じれば、有効なトレード法になります。

デメリット

メリット


トルコリラ円暴落トレードに最適なFX会社

トルコリラ円の暴落トレードは、売りスワップが一番低いFX会社でのトレードが有利です。
トルコリラ円の売りスワップを比較

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券FXネオ・トルコリラ円の売りスワップポイントが低い
・トルコリラのスプレッドも最狭レベル
・1つの口座でFX以外に株や投資信託にも投資可能
・創業100年以上で、実績と信頼性は抜群
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません




現在、最大30000円キャッシュバックキャンペーン中です。
詳細はGMOクリック証券FXネオの公式サイトでチェックしてください。


暴落トレードのリスクヘッジに、ランド円のスワップトレードを取り入れる場合は、買いスワップが一番高いFX会社の利用がオススメです。
南アフリカランド円のスワップポイントを比較

GMOクリック証券くりっく365

GMOクリック証券 くりっく365・暴落トレードリスクヘッジ用口座(ランド円スワップ)として最適
・ランド円のスワップポイントは最高水準の高さ
・スプレッド(往復為替手数料)の狭さも0.92銭と最狭です
・口座開設者数44万9567口座(2018年8月)と人気です
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません



詳細はGMOクリック証券(くりっく365)公式サイトでチェックしてください。


高金利通貨で長期投資 トルコリラ円で暴落トレードTOPへ

南アフリカランド運用成績



ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドに有利なFX会社を徹底比較! ランキング掲載根拠