トルコリラ円のスワップトレードを検証

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FX高金利通貨の投資法を検証 > トルコリラ円のスワップトレードを検証

トルコリラ円のスワップトレードを検証

トルコリラは高金利通貨の中でも、特にスワップ金利が高いことで有名です。

では、トルコリラ円でスワップトレード(長期保有)すれば、売買タイミングを考慮しなくても、必ず利益を得ることができるのでしょうか?

今回、トルコリラ円のスワップトレードを、下のケースをもとに検証してみました。

トルコリラ円スワップトレードの検証ケース
  1. 2008年1月にトルコリラ円を一括購入し、2016年12月末まで9年間保有
  2. 2009年1月にトルコリラ円を一括購入し、2017年12月末まで9年間保有
  3. 2008年1月からトルコリラ円を時間分散して購入し、平均9年間保有

検証1) 2008年1月にトルコリラ円を一括購入し、2017年12月末まで10年保有

2008年10月のリーマンショックで、トルコリラ円は大暴落し、最安値を更新することになります。

今回は、2008年1月のトルコリラ円が暴落する前、高値で推移しているときの為替レートで1万通貨を一括購入し、10年間保有した場合を検証します。

トルコリラ円
 購入時為替レート
トルコリラ円
 売却時為替レート
 為替損益
(1万通貨)
 スワップポイント
(1万通貨)
 トータル損益
(1万通貨)
 95.45円  29.64円  -65万8100円  +46万1283円  -19万6817円

検証1の投資結果は、大きなスワップ収入を得ることができたものの、それ以上の為替差損が発生したため、-19万6817円のマイナス運用でした。


検証2) 2009年1月にトルコリラ円を一括購入し、2018年12月末まで10年保有

次は、リーマンショック後、トルコリラ円が安値圏にある2009年1月に、1万通貨を一括購入し、10年間保有した場合の検証結果です。


トルコリラ円
 購入時為替レート
トルコリラ円
 売却時為替レート
 為替損益
(1万通貨)
 スワップポイント
(1万通貨)
 トータル損益
(1万通貨)
 58.86円  20.61円  -38万2500円 +36万2855円  -1万9645円

検証2も、検証1と同様に為替差損が発生し、-1万9645円のプラス運用でした。


検証3) 2008年1月からトルコリラ円を時間分散して購入し、平均10年保有

最後は、リーマンショック前の2008年1月から、トルコリラ円を1000通貨ずつ、2か月に1回で計10回に分けて、1万通貨購入し、2018年5月に売却した場合です。

トルコリラ円
 購入時平均為替レート
トルコリラ円
 売却時為替レート
 為替損益
(1万通貨)
 スワップポイント
(1万通貨)
 トータル損益
(1万通貨)
 74.51円  26.83円  -43万800円 +40万2278円  -2万8522円

時間分散することで、検証1よりも購入時の為替レートが下がりましたが、結果は-2万8522円のマイナス運用でした。


検証1~検証3のトルコリラ円スワップトレードの運用成績を比較

 レバレッジ  検証1  検証2  検証3
 レバレッジ1倍  平均年利-2.06%  平均年利-0.33%  平均年利-0.38%
 レバレッジ2倍  平均年利-4.12%  平均年利-0.66%  平均年利-0.76%
 レバレッジ3倍  実行不可能  平均年利-0.99%  実行不可能

※検証1と検証3では、2008年10月にトルコリラ円の為替レートが暴落したため、レバレッジ3倍での運用は不可能です。

トルコリラ円スワップトレードの運用成績が一番良かったのは、「検証2」でした。
暴落の最中にトルコリラ円を一括購入したためです。


トルコリラ円のスワップトレードは、暴落直後の購入が利益を出しやすい

トルコリラ円のスワップトレードでは、暴落前に購入する検証1、時間分散した検証3は、どちらもマイナス運用でした。

唯一のプラス運用は、暴落後に購入した「検証2」です。
そのため、暴落直後にトルコリラを購入するのがベストです。
ただし、検証1~3のすべてで、マイナスの運用成績でした。


売却時期を高値に設定すれば利益を出しやすい

暴落直後の購入がベストとはいえ、暴落している最中は、
「今の為替レートは底なのか」
という判断が難しいでしょう。
そこで、暴落し始めたら徐々に買い足す方法をおすすめします。(検証3です)

今回、売却時の為替レートは全て購入時よりも円高になっていましたが、高値で売却するのであれば、徐々に買い足す「検証3」の時間分散投資法でも、いい成績を残せます。

例えば、過去12か月の平均レートよりも10%高いレートを「高値」と定義します。
すると、5年以上経過した2013年11月以降では、「高値」は2014年12月に発生しました。

この「高値」で売却したら、「検証3」は、以下のような成績になります。


トルコリラ円
 購入時平均為替レート
トルコリラ円
 売却時為替レート
 為替損益
(1万通貨)
 スワップポイント
(1万通貨)
 トータル損益
(1万通貨)
74.51円 53.53円  -20万9800円 +24万9882円  +4万82円


トルコリラ円のスワップはFX会社により異なります

トルコリラ円を保有することでもらえるスワップポイントは、FX会社によって異なります。
なるべく高スワップのFX会社を選んでトレードすることをおすすめします。

トルコリラ円のスワップポイントをFX会社で比較
(月単位・年単位で比較しているため、正確な違いが分かります)


トルコリラ円スワップトレードに最適なFX会社

ヒロセ通商 LION FX

ヒロセ通商 LION FX・トルコリラ円で最高水準のスワップポイント
・1000通貨単位で取引可能かつ小数点以下のスワップも切捨てなしで
 トルコリラ円の時間分散に最適なFX会社
・トルコリラ円のスプレッドも1.9銭でトップレベルの狭さ
・キャッシュバックの基準が低い(ポンド円片道15万通貨で5000円等)
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません


現在、最大100万円キャッシュバックキャンペーン中です
詳細はヒロセ通商 LION FXの公式サイトでチェックしてください。


GMOクリック証券くりっく365

GMOクリック証券 くりっく365・トルコリラ円のスワップポイントは最高水準
・口座開設者数44万9567口座(2018年8月)と人気です
・取引手数料0円はくりっく365でこの会社だけ
(キャンペーンではなく、2013年10月1日からずっと取引手数料0円)
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません



詳細はGMOクリック証券(くりっく365)公式サイトでチェックしてください。


高金利通貨で長期投資

南アフリカランド運用成績


ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】
運営者情報 ランキング掲載根拠

page top