最大レバレッジ200倍 FX法人口座開設のメリットとデメリット

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FXで失敗する前に > FX経験者様 QアンドA > FXで法人口座を開設するメリットとデメリット

最大レバレッジ200倍 FX法人口座開設のメリットとデメリット

FXにおける法人口座とは

個人事業であれば、個人が主体となって自己責任で事業を行います。
そのため、全責任を事業主が負うことになります。

例えば、個人口座でFXの運用資金を他人から借り入れた場合、事業に失敗して返済できなくなれば、個人事業主が自分の財産を売り払っても返済する必要があります。

一方、法人は個人とは切り離した別の法人格のため、責任は事業主ではなく法人が負います。

法人口座を開設して、他人から借り入れた資金でFXトレードをしても、法人の財産の範囲内で返済すればよく、経営者本人の財産から返済する必要はありません。
(ただし、FXで何の実績もない場合、法人であっても借り入れ自体が難しいでしょう)


FXで法人口座を開設するメリットとデメリット

FXで法人口座を開設する場合、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 メリット  デメリット
・高いレバレッジ(最大200倍も可能)
・あらゆる投資商品を損益通算可能
・9年間の損失繰り越しが可能
・多くの投資コストを必要経費にできる
・法人実効税率が21~34%
・赤字でも法人住民税の均等割
・税務申告にコストや手間がかかる

では、メリット、デメリットそれぞれについて詳しく見てみましょう。
まずはデメリットからです。


FXで法人口座を開設するデメリット

1.法人実効税率が21%~34%
個人であれば、FXの税金は一律20.315%でした。
ところが、法人になると税金は所得によって変動します。

法人実効税率とは:法人の利益に課税される税金を考慮した、実質的な税金の負担率。
(ただし、金額が一律の「法人住民税の均等割」は考慮していません)

法人実効税率の所得別比較表
(東京都で資本金1億円以下の場合)
 所得  税率
 400万円以下  21.421%
 400万円~800万円  23.204%
 800万円以上  34.335%

法人であれば、上の表のように所得に応じて税率が高くなります。
なお、今回は東京都を例にとりましたが、他の地域でもそれほど大きな差はありません。

2.赤字でも法人住民税の均等割を支払う
個人の場合は、赤字であれば税金を支払う必要はありませんでしたが、法人であれば、法人住民税の均等割を最低でも7万円支払う必要があります。

※資本金1000万円以下で従業員50人以下の場合

3.税務申告にコストや手間がかかる
個人の場合は青色申告の必要がなく、自分で簡単に確定申告できますが、法人の場合は青色申告が必須となり、手間がかかります。

手間をかけたくない場合は、税理士に依頼することになりますが、税務申告のみの場合で、
年間10万円~20万円程度必要となります。


FXで法人口座を開設するメリット

FXで法人口座を開設する場合、メリットも多くあります。

1.最大200倍も可能な高いレバレッジ
個人では、最大レバレッジは25倍までと決められていますが、法人では制限がありません。

そのため、法人に高いレバレッジを提供するFX会社であれば、自分の資金をフル活用した、資金効率の高いトレードが可能です。

例1)1ランド=8.36円の時に100万ランド保有する場合
個人での最低必要証拠金は、レバレッジ25倍で33万4400円
法人での最低必要証拠金は、レバレッジ200倍で4万1800円(差額29万2600円)

例2)1ドル=112.8円の時に100万ドル保有する場合
個人での最低必要証拠金は、レバレッジ25倍で451万2000円
法人での最低必要証拠金は、レバレッジ200倍で56万4000円(差額394万8000円)

このように、同じ数量保有する場合でも、法人と個人では最低必要証拠金が大きく違います

なお、法人の最大レバレッジはFX会社によって違います。
詳しくはこちらです。→FX会社の個人口座と法人口座の最大レバレッジを比較

あらゆる投資商品を損益通算可能

個人で投資をしている場合、FX、株、不動産投資などは、利益を損益通算できません。
2016年以降、以下の各グループ内でのみ損益通算が可能になっています。

投資商品の損益通算可能グループ表
 グループ1  グループ2  グループ3  グループ4  グループ5  グループ6
 FX
 先物
 オプション
 CFD
 株
 外貨MMF
 信用取引
 投資信託
 ETF
 REIT
 不動産投資  金地金
 純金積み立て
 外貨普通預金
 外貨定期預金
 円預金
 円定期預金

しかし、法人化することで、これらすべての投資商品について損益通算することができ、税制面で非常に有利に投資できます。

9年間の損失繰り越しが可能
個人でFXをすると、3年間の損失繰り越ししかできませんが、法人では9年間の損失繰り越しが可能です。

つまり、大きな利益を上げたとしても、過去9年以内に大損したことがあれば、損益通算することが可能です。そのため、時間を味方につけることができます。

多くの投資コストを必要経費にできる
法人化することで、投資にかかったコストを必要経費(損失)として計上できます。
必要経費の例)
食事会、書籍代、情報料(スマホ代など)、セミナー代、交通費、新聞雑誌など

また、自分の家でトレードしている場合、以下の費用の一部も必要経費(損失)として計上できます。
家賃、電気代、ガス代、水道代、電話代、プロバイダ料金など

このように、多くの費用が必要経費として認められるため、個人のときよりも税金を安くすることも可能です。


結論

このように、FX法人口座にはメリット、デメリットどちらもあります。
メリット、デメリットを比較して、あなたにとって、より有利なスタイルでトレードしてみてください。


レバレッジ関連記事
FX経験者様 Q&A 一覧

FXに関するご質問がありましたら、遠慮なくどうぞ
お問い合わせはこちら

南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


通貨別カテゴリ


大手FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top