NDD方式(インターバンク直結型)とは? メリット・デメリットは?

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FXで失敗する前に > FX経験者様 QアンドA > NDD方式(インターバンク直結型)とは? メリット・デメリットは?

NDD方式のFX会社とは? メリット・デメリットは?

まず、NDD方式(インターバンク直結型)のFX会社について説明します。

すぐにNDD方式のFX会社を知りたい方はこちら↓
NDD方式(インターバンク直結型)のFX会社


NDD方式(インターバンク直結型)とは?

NDD方式のFX会社は、私たち投資家からの売買注文を、FX会社が受けずに、直接カバー先※1の金融機関に発注する方式を採用しています。

※1 カバー先とは:FX会社(=私たち投資家)が外国為替の売買を行う際、為替レートを提示する銀行で、提示する為替レートはインターバンク市場※2をもとに決められています。

※2 インターバンク市場とは:外国為替取引量の多い銀行同士が取引をする為替市場

その際、複数のカバー先と契約して、それぞれからもらうレートの中で一番スプレッド差の小さい為替レートを私たち投資家に提供することで、低スプレッドを実現しています。

このように、ディーラー(FX会社)を介さずに、カバー先銀行のレートで発注することから、No Dealing Desk(ノーディーリングデスク・NDD)と呼ばれます。

また、カバー先銀行が提示するレートが、インターバンク市場に近いレートであることから、インターバンク直結型とも呼ばれますが、意味は同じです。

NDD方式の場合、買い注文と売り注文それぞれについて、複数のカバー先銀行から最良のレートを提示するため、場合によってはマイナススプレッド※3が発生することもあります。

※3マイナススプレッドとは:通常は買値 > 売値のFXの取引レートが、逆転した状態で、逆転スプレッドとも呼ばれます。
例)買値 1ランド=9.10円、 売値 1ランド=9.20円



相対取引(以下DD方式)とは?

相対取引(DD方式)とは、先ほどのNDD方式とは違い、FX会社が投資家と相対するパターンで、基本的にはカバー先が提示したレートを直接私たち投資家に提示せず、そのFX会社で決定した為替レートを投資家に提供します。極端な話、スプレッド0銭を提供することも可能です。

スプレッドはFX会社が決めるため、NDD方式のようなマイナススプレッドは発生しません。
DD方式の場合も、NDD方式と同様スプレッド差がFX会社の利益になります。
それ以外にも、投資家の注文をカバー先に発注しない場合は、投資家が負ければFX会社の利益になります。

そのため、いわゆる投資家に不利な条件でのスリッページなど、
FX会社側に有利な操作などが起こる可能性も0ではありません。
(これはあくまで可能性の話です。大手のFX会社では、まずないと考えていいでしょう)
※スリッページ:注文時に指定したレートと実際に約定するレートに違いが生じることです。

スリッページを防ぐには?
私たち投資家に不利なスリッページを防ぐには、

  1. スリッページ対策が万全のFX会社でトレード→スリッページ対策でFX会社を比較
  2. NDD方式のFX会社でトレード→NDD方式のFX会社一覧
  3. ストリーミング注文を採用しているFX会社で取引→ストリーミング注文の詳細

の3つが考えられます


NDD方式とDD方式の違い メリット・デメリットは?

スプレッドに関してはDD方式に比べ、NDD方式が必ず有利というわけではありません。

DD方式のFX会社は自社で自由にスプレッドを決定できるため、
NDD方式より有利なスプレッドを提供するFX会社もあれば、その逆もあります。

NDD方式を採用するFX会社は、純粋にスプレッドがそのFX会社の利益になります。

投資家が継続して取引しなければ手数料(スプレッド)収益が減ることから、
投資家には利益を出してもらいたいという立場になり、
NDD方式はDD方式に比べ透明性が高く、不正等が起こりにくい環境と言えます。


NDD方式とDD方式のFX会社 メリットとデメリット
   メリット  デメリット
 NDD方式 ・レートが加工されないため
 顧客提示レートの信頼性が高い
・レートが加工されないため
 スリッページが起こりにくい
・為替レートがカバー先銀行に依存するため
 約定率が低くなりがち
・為替レートが変動しやすい可能性がある
・望むレートに達しても、注文数量が多いと
 部分約定が起こることがある
 DD方式 ・約定率は比較的安定している
・レートは加工されているため
 原則固定等のスプレッドで取引可能
・注文数量が多くても望むレートに
 達すれば、注文が通る
・FX会社によっては投資家に不利なレート
 でのスリッページが発生する可能性がある
・提示レートがインターバンク市場から
 離れる可能性がある

※部分約定とは・・・為替レートが自分が望む価格に達しても、自分が望む分の数量がなければ、一部の注文のみしか約定しないこと。
例)1ランド=9.0円で100万通貨買い注文したとき
9.0円の売り注文側に30万通貨しかなかった場合は、30万通貨しか約定せず、残りの70万通貨は未約定となります。


NDD方式のFX会社(業者)は?

どのFX会社がNDD方式を採用しているのか、また、NDD方式を採用しているFX会社のスプレッドについても調べてみました。

NDD方式を採用していても、FX会社によって、スプレッドがかなり違うことがわかりました。
NDD方式(インターバンク直結型)のFX会社



FX経験者様 Q&A 一覧

FXに関するご質問がありましたら、遠慮なくどうぞ
お問い合わせはこちら

南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


大手FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top