南アフリカランドの安全性まとめ

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 南アフリカランドの安全性(リスク) > 安全性のまとめ

著者:為替カバ 更新日:2020年4月6日

南アフリカランドの安全性まとめ

南アフリカランドの安全性について

  1. 過去のデフォルト国
  2. 南アフリカの格付け
  3. 南アフリカランドの取引通貨量
  4. 為替レートの推移
  5. 外貨準備高の推移

から調べたことをまとめます。


1.過去のデフォルト国と比較

ギリシャについては、デフォルトになっていませんが、デフォルトの危機がささやかれています。財政赤字の隠蔽が大きな要因となっていましたが、南アフリカにはそのようなことはありません。

アルゼンチンは2001年にデフォルトを起しましたが、アジア通貨危機と1ドル=1ペソの固定相場制の影響で輸出産業が大変厳しいものとなり、経済成長率が-11%まで落ち込みましたが、南アフリカは、経済成長率が-5%を超えるようなひどい落ち込みは起こっていません。

詳細はこちらです→南アフリカのGDP・経済成長率の推移


2.南アフリカの格付け

私たち個人投資家に、投資判断をする上での物差しを提供してくれる格付け会社は2020年、南アフリカに対して投資不適格級の判断を下しています。

詳細はこちらです→南アフリカの格付け


3.南アフリカランドの取引通貨量

デフォルトリスク以外にも投資する上で避けたいリスクとして、流動性リスクがありますが、日本の株式市場と比較しても、十分な取引量があると思われます。

詳細はこちらです→南アフリカランドの取引通貨量


4.南アフリカランドの為替レートの推移

過去の為替レートから、南アフリカランド円の為替レートは世界の景気に強い影響を受けることが分かりました。

詳細はこちらです→南アフリカランドの為替レートの推移


5.南アフリカ 外貨準備高の推移

南アフリカの外貨準備高は、輸入額の3か月分以上あることから、今のところ適正な水準にあることがわかりました。

詳細はこちらです→南アフリカ 外貨準備高の推移


結論

調べた限りでは、大手格付け会社が投資不適格級の判断をしているものの、投資適格級の一歩手前であること、投資する際に避けなければならないデフォルトリスク、流動性リスクとも問題は見られないことから、南アフリカランドへの投資を開始します。


南アランド円の投資法を検証
南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


通貨別カテゴリ


人気FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】- ファイナンシャルプランナー監修 -

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top