FXスワップポイント狙いの長期投資で稼げる通貨ペアを検証

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FXの投資法を検証 > FX長期投資

FXスワップポイント狙いの長期投資で稼げる通貨ペアを検証

FXでの長期投資はスワップポイントの獲得が目的になることが多いのですが、為替リスクも考慮する必要があります。

そこで、1番稼げる通貨ペアを為替レートの変動とスワップポイントから検証しました。


2011年~2018年 通貨ペア別為替レート変動率

下の表は、スワップポイント狙いでよく利用される通貨ペアの、年間為替レート変動率です。
※表中の赤字:プラス 表中の青字:マイナス

100%の確率ではないのですが、5%を超える下落相場の翌年は、上昇相場になることが多いことにお気づきでしょうか?

2011年~2015年 為替レート年間変動率
通貨ペア 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
南アフリカランド円 -22.70% +7.37% -1.96% +3.70% -25.07%
メキシコペソ円 -16.66% +22.19% +19.78% +0.54% -13.70%
トルコリラ円 -22.37% +19.01% +0.62% +4.86% -19.58%
米ドル円 -5.21% +12.71% +21.46% +13.73% +0.42%
豪ドル円 -5.13% +14.53% +4.17% +4.43% -10.58%
NZドル円 -5.24% +19.91% +20.72% +8.06% -12.07%
中国人民元円 -1.51% +13.91% +24.95% +11.05% -4.01%
カナダドル円 -7.64% +15.62% +13.57% +4.37% -15.82%

2016年~2018年 為替レート年間変動率
通貨ペア 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
南アフリカランド円 +9.91% +6.21% -16.32%
メキシコペソ円 -18.91% +0.88% -2.55%
トルコリラ円 -19.82% -10.27% -30.88%
米ドル円 -2.40% -4.01% -2.65%
豪ドル円 -3.74% +4.26% -12.18%
NZドル円 -1.16% -1.55% -7.81%
中国人民元円 -8.66% +2.29% -7.83%
カナダドル円 +0.33% +2.78% -10.24%

為替相場は、投資家の感情によって、行き過ぎた下落相場になる年があります。
そのような下落相場の翌年には戻りやすいということですね。

通貨ペア別為替レート変動率 結論

ただし、例外の通貨ペアもあります。「トルコリラ円」です。
トルコリラ円は2015年~2018年にかけて、4年連続で下落しています。
それにはインフレ率が深くかかわっています。


各通貨のインフレ率

インフレ率とは、物の値段の上昇率のことで、物価上昇率ともいわれます。
インフレ率が上がると、物に対して通貨の価値が下がります。

そのため、

「同じ物の値段は、どこの国でも同じになる」

という購買力平価説によると、

「インフレ率が高い国の通貨は、インフレ率が低い国の通貨よりも価値が下がる」

ことになります。

物価上昇(インフレ率上昇)による通貨の価値の変動
インフレ率と通貨価値の関係

下の表は各通貨のインフレ率です。

トルコリラのインフレ率が一番高く、特に2018年は16.33%と、他の国の通貨に比べて圧倒的な高さです。4年連続で為替レートが下がっているのもうなずけますね。

通貨別 インフレ率
通貨ペア 2011年~2018年
平均インフレ率
2018年
インフレ率
トルコリラ 9.33% 16.33%
南アフリカランド 5.40% 4.62%
メキシコペソ 3.98% 4.90%
中国人民元 2.47% 2.10%
豪ドル 2.09% 1.98%
米ドル 1.78% 2.44%
カナダドル 1.71% 2.24%
NZドル 1.49% 1.65%
日本円 0.61% 0.98%

為替は短期的にはインフレ率以外の他の要因で大きく動くことがありますが、長期的にはインフレ率が高い通貨は、価値が下がりやすい傾向にあるといえます。

各通貨ペアのインフレ率 結論


FX長期投資で稼げる通貨ペアを探すには

各通貨ペアの為替レート変動率とインフレ率からお分かりのように

この2点を守れば、スワップポイントと為替差益の両方で利益を出す確率が高まります。

では、前年(2018年)のスワップポイントも考慮した投資成績を見てみましょう。


2018年FX長期投資成績(スワップポイント+為替損益)

2018年 通貨ペア別FX長期投資成績
通貨ペア 始値→終値 為替差損 スワップポイント 合計損益 リターン
メキシコ
ペソ円
5.73円
→5.58円
-15000円 +47710円 +32710円 +5.71%
米ドル円 112.62円
→109.60円
-30200円 +26015円 -4185円 -0.37%
NZドル円 79.94円
→73.54円
-64000円 +17217円 -46783円 -5.85%
中国人民元円 17.31円
→15.93円
-13800円 +3268円 -10532円 -6.08%
カナダドル円 89.71円
→80.31円
-94000円 +13113円 -80887円 -9.02%
南アフリカ
ランド円
9.07円
→7.61円
-146000円 +56809円 -89191円 -9.83%
豪ドル円 87.87円
→77.16円
-107100円 +18250円 -88850円 -10.11%
トルコリラ円 29.70円
→20.61円
-90900円 +38071円 -52829円 -17.8%

※ランド円・メキシコペソ円は10万通貨、そのほかの通貨ペアは1万通貨での運用
※スワップポイント:その通貨ペアで1番スワップポイントが高いFX会社の金額
※リターン:レバレッジ1倍でのリターン

2018年は、すべての通貨ペアで下落しましたが、高いスワップポイントのおかげでメキシコペソ円が唯一プラスリターンです。
その他の通貨ペアは、スワップポイントを考慮してもマイナスでした。
長期投資にとっては厳しい1年でした。

原因は、

などにより、市場がリスクオフになり、1年を通してすべての為替で円高が進んだためです。
※リスクオフ:投資家がリスクを回避し、より安全な資産に資金が向かいやすい相場状況

ただ、8月に大暴落したトルコリラ円も、1年間ずっと保有していれば、高いスワップポイントのおかげで損失は20%を下回ります。

同様に、2019年も検証しました。


2019年FX長期投資成績(スワップポイント+為替損益)

2019年1月~5月 通貨ペア別FX長期投資 月別総合損益・リターン
通貨ペア 始値→終値 為替差損 スワップポイント 合計損益 リターン
メキシコペソ円 5.59円
→5.52円
-7000円 +21562円 +14562円 +2.61%
米ドル円 109.64円
→108.29円
-13500円 +12972円 -528円 -0.05%
NZドル円 73.70円
→70.71円
-29900円 +5503円 -24397円 -3.31%
中国人民元円 15.96円
→15.58円
-3800円 +900円 -2900円 -1.82%
カナダドル円 80.52円
→80.12円
-4000円 +7390円 +3390円 +0.42%
南アフリカ
ランド円
7.59円
→7.39円
-20000円 +22800円 +2800円 +0.36%
豪ドル円 77.17円
→75.06円
-21100円 +6879円 -14221円 -1.84%
トルコリラ円 20.53円
→18.54円
-19900円 +21448円 +1548円 +0.75%

※並び順は2018年の高リターン順
※ランド円・メキシコペソ円は10万通貨、そのほかの通貨ペアは1万通貨での運用
※表中の上段:総合損益・下段:リターン(=為替損益+スワップポイント)
※リターン:レバレッジ1倍でのリターン

2019年FX長期投資 1月~5月のまとめ

2019年1月~5月では、一番高いリターンはメキシコペソ円、一番低いリターンはNZドル円です。


スワップポイント狙いの長期投資 メリット・デメリット

デメリット

メリット


FX長期投資の購入・売却条件

購入条件

上の条件を両方満たすと購入

追加購入条件


売却条件(追加購入なしの場合)

どちらかの条件を満たすと売却
ただし、追加購入した場合は下の売却条件で売却

売却条件(追加購入ありの場合)

どちらかの条件を満たすと売却


今からの長期投資におすすめの通貨ペア

直近1年の為替レート推移
通貨ペア 2018年5月20日
為替レート
2019年5月20日
為替レート
変動率
トルコリラ円 24.73円 18.16円 -26.57%
南アフリカランド円 8.67円 7.60円 -12.34%
中国人民元円 17.39円 15.82円 -9.03%
豪ドル円 83.41円 75.94円 -8.96%
NZドル円 76.81円 71.87円 -6.43%
カナダドル円 86.07円 81.81円 -4.95%
米ドル円 110.87円 110.06円 -0.73%
メキシコペソ円 5.58円 5.75円 +3.05%

トルコリラ円は直近1年で20%以上下落していますが、インフレ率も20%前後なので私は買いません。

直近1年の変動率が-10%前後の南アフリカランド円・中国人民元円・豪ドル円はFX長期投資に狙い目です。

南アフリカランド円

2018年16%超の下落。直近1年も下落率12%超で、今後下落が限定される可能性あり。
南アフリカランド円のスワップポイントを比較
為替カバ保有中:平均取得為替レート 7.65円ロング(買い)

中国人民元円

2018年7%超の下落。直近1年も下落率9%超で、今後下落が限定される可能性あり。
中国人民円のスワップポイントを比較
為替カバ保有中:平均取得為替レート 15.90円ロング(買い)

豪ドル円

2018年12%超の下落。直近1年も下落率8%超で、今後下落が限定される可能性あり。
豪ドル円のスワップポイントを比較
為替カバ保有中:平均取得為替レート 76.18円ロング(買い)


また、最近値動きが安定している通貨を狙うならメキシコペソ円・米ドル円です。

メキシコペソ円

直近1年の上昇率3%超で、値動きが安定→メキシコペソ円のスワップポイントを比較

米ドル円

政策金利2.50%と先進国通貨では高く、2016年~2018年の3年連続微減中で反発が期待される
米ドル円のスワップポイントを比較


南アフリカランド運用成績


ランド円トレードで利用中です

ランド円取扱いFX会社の比較


南アフリカランドの投資法


比較した大手FX会社


南アフリカランドコラム


高金利通貨のスワップ


高金利通貨の見通し


高金利通貨の投資法


為替カバについて



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】
運営者情報

page top