アメリカドル(米ドル)とオーストラリアドル(豪ドル)を比較 投資するならどっち?

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > 高金利通貨 > 米ドル円特集 > 米ドルと豪ドルを比較

米ドルと豪ドルを比較 投資するならどっちを選ぶ?

先進国の中で金利が高い米ドルと豪ドル。
投資対象をどちらにすればいいのか、悩むところです。

そこで、米ドルと豪ドルの発行国である、アメリカとオーストラリアの基本情報を比較しました。


アメリカとオーストラリアの基本情報を比較

アメリカとオーストラリア 基本情報比較表(2019年)
アメリカ オーストラリア
人口 3億2330万人 2439万人
国土 983万3517平方キロメートル 774万1120平方キロメートル
GDP 19兆3621億ドル 1兆3900億ドル
政策金利 2.00% 0.75%
国債格付け
左:ムーディーズ
右:S&P
Aaa/AA+ Aaa/AAA
経済成長率 2.86% 2.07%
インフレ率 2.40% 2.02%
主な産業 石油・鉄鋼・自動車
航空宇宙・通信
鉱業・工業・輸送機器・食品加工
主なカントリーリスク ・トランプ政権下の
自国保護主義政策
・竜巻による自然災害リスク
・人件費の高騰

この中で、その国の通貨に投資するうえで特に重要な項目は、下の4つです。

政策金利
長期保有によるスワップ金利収入を狙う場合、政策金利が高い国の通貨が有利です。
現在は、米ドル:2.00%・豪ドル:0.75%と、若干米ドルが高いです。
また、どちらの国も将来の政策金利は上昇する見通しです。

国債格付け
国債格付けの低さは、その国の通貨の信用力のなさを表します。
オーストラリアは格付け会社のムーディーズ・S&Pとも最上級なのに対し、
アメリカはムーディーズは最上級ですが、S&Pは上から2番目のレベルです。

ただし、S&Pは少し厳しめの格付けをつけていますので、どちらも投資するのに全く問題ありません。

経済成長率
経済成長率の高さは、その国の魅力の高さにつながります。
2019年の経済成長率見通しはアメリカ3%・オーストラリア2%と、若干アメリカのほうが上ですが、どちらも先進国の中では高めです。
ちなみに、日本の2019年経済成長率は1.07%の見通しです。

インフレ率
インフレ率が高い国の通貨は、年数が経過するごとに価値が低くなる傾向にあります。
その点、アメリカ・オーストラリアもインフレ率は2%前半と低くなっており、差はありません。

次に気になるのが、米ドル円と豪ドル円の為替レートの推移です。


米ドル円と豪ドル円為替相場の過去チャートで比較


上の図は、2007年1月以降の米ドル円と豪ドル円為替相場のチャートを比較した図です。
上の図から

リーマンショックやアメリカ国債の格付け引き下げなどのイベントがあった際は、米ドル円と豪ドル円の下落幅に大きな差があることが分かります。

そのため、両方の通貨を持つことで、暴落による損失を和らげることが可能です。


結論

米ドル・オーストラリアドルとも、通貨に投資するうえで重要な指標は、いずれもほぼ同じでした。

どちらに投資しても期待できるリターンはそれほど変わりませんが、世界の基軸通貨にもなっている米ドルのほうが流通量が多いため、豪ドルより若干安心して保有できます。

そのため、

するという投資戦略が考えられます。

なお、通貨への投資は外貨預金よりFXが、金利・手数料・税金面でお得です。
詳しくはこちらです→豪ドルの定期預金・外貨預金・FXで金利と手数料を比較

ただしFX会社によって、もらえるスワップポイントは大きく違います
その点に注意して、投資をしましょう。

その他の高金利通貨もFXトレードの対象に加えたい方はこちらをご覧ください。
高金利通貨の比較

南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


通貨別カテゴリ


大手FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top