トルコリラへFX投資すべきか迷われている方へ メリット・デメリット・注意点を解説します

南アフリカランド投資入門のトップ画像

南アフリカランドTOP > FX投資QアンドA > トルコリラへのFX投資 メリット・デメリット・注意点は?

著者:為替カバ 更新日:2020年7月1日

トルコリラへのFX投資 メリット・デメリット・注意点は?

トルコリラは、ヨーロッパとアジアの中間に位置する、トルコの通貨です。


トルコの特徴
トルコ
人口 8200万人(19位/190か国中)
日本:1億2650万人
国土 78万3562平方キロメートル(36位/201か国中)
日本の約2倍
GDP 7713億米ドル(19位/191か国中)
日本:4兆9717億ドル
経済成長率 2.83%(105位/191か国中)
日本:0.81%
インフレ率 16.33%(13位/191か国中)
日本:0.98%
国債格付け ムーディーズ:B1/S&P:B+
おもな産業 自動車(欧米や日本の大手自動車メーカーは、
トルコをヨーロッパへの輸出拠点としています)。
農業(主な作物は小麦、米、綿)。羊毛製品は世界有数の産地。
鉱物(石炭、クローム、鉄、銅、ボーキサイト、大理石)。
国際観光客数は世界6位で、年間4577万人がトルコに訪れます。

出典:JETRO(2018年)

そんなトルコリラに中・長期でFX投資する場合のメリット・デメリット・注意点について、投資家目線から見てみました。


目次

トルコリラへのFX投資 デメリットは?

デメリット1 為替変動率が高い

通貨の変動率が高いと、保有中の含み損が大きなることがあります。
そうなると、人によっては精神的にしんどくなります。
(自慢できませんが、私も経験があります!)

トルコリラ円の為替変動率は、先進国の米ドル円や豪ドル円より高いのはもちろん、同じ新興国通貨の南アフリカランド円やメキシコペソ円よりもさらに高いです。

2015年~2019年 過去5年間の平均為替変動率 比較表
トルコリラ円 米ドル円 豪ドル円 ランド円 メキシコペソ円
28.58% 10.50% 14.27% 23.44% 20.01%

解決策:暴落後に購入し、暴騰後に売却するなど売買のタイミングを見計らう必要があります。


デメリット2 インフレ率が高い

インフレ率とは、物価の上昇度合いを示す数値です。
例えばインフレ率2%だと、1年前に比べて、モノの値段が2%上がる、つまり通貨の価値が2%下がることを意味しています。
インフレ率が高い国の通貨は、時間が経過するごとに、通貨の価値が下がる傾向にあります。

トルコのインフレ率、2018年は16.33%でした。
2019年9月の直近では下がってきましたが、それでも先進国の米ドル円や豪ドル円より高いのはもちろん、同じ新興国通貨の南アフリカランド円やメキシコペソ円よりもさらに高いです。

2019年 直近インフレ率 比較表
トルコ アメリカ オーストラリア 南アフリカ メキシコ 日本
8.55% 1.8% 1.7% 3.70% 3.02% 0.98%

解決策:為替変動率の高さを利用し、為替レートが割高になったときに売却します。

なお、トルコのインフレ率推移や最新情報はこちらで確認できます。
トルコリラ円の為替見通し


デメリット3 下落しやすい

トルコのインフレ率が高いため、為替レートも右肩下がりの状況です。
また、アメリカとの関係があまり良くないこともあり、アメリカとの関係悪化のニュースが流れても、下落します。
さらに、トルコ国内でテロが発生しても下落します。
かなりデリケートな通貨です。

トルコリラ円 為替レートの推移

解決策:このデメリットの解決策も売買タイミングの見極め。これに尽きます。


トルコリラへのFX投資 メリットは?

メリット1 金利が高い

金利が高いとなぜいいか?
それは、もらえるスワップポイントが高くなるからです。

トルコリラは先進国通貨や他の新興国と比較しても、とても高い政策金利を設定してくれてます。

政策金利 比較表
トルコ アメリカ オーストラリア 南アフリカ メキシコ
8.25% 0.25% 0.25% 3.75% 5.00%

日本だと、高くても定期預金で0.1%と、比べる意味がないくらい低いです。

また、いつでも解約できる普通預金だと、金利はほぼ0%です。FXのトルコリラだと、いつでも解約できてこの金利なので、日本の預金事情と比較すると、その凄さがわかります。

また、スワップポイントは土日祝を除き、ほぼ毎日FX口座に振り込まれます。
毎日お金が入ってくるというのも、うれしいですね♪


メリット2 レバレッジをかけられる

トルコの政策金利は非常に高いですが、レバレッジをかけることで、投資に必要なお金を増やすことなく、さらに多くのスワップポイントをもらえます。

下の条件で、レバレッジごとにもらえるスワップポイントを見てみましょう

条件
・購入時のトルコリラ円為替レート:19.0円
・トルコリラ円1万通貨の1日あたりのスワップポイント:60円

レバレッジ別 トルコリラと日本円との金利差 比較表
レバレッジ 1倍 1.5倍 2倍
用意する証拠金 19万円 19万円 19万円
購入通貨量 1万通貨 1万5000通貨 2万通貨
1日にもらえるスワップポイント 60円 90円 120円

レバレッジ3倍だと、19万円に対して1日120円・年間4万3800円のスワップポイントをもらえます。年間金利では23.05%)です。

なお、FX会社によってもらえるスワップポイントが違いますので、なるべく高いスワップポイントを提供するFX会社を利用してください。
トルコリラ円のスワップポイントを比較


メリット3 実は経済成長率が高い

トルコの経済成長率は、先進国や新興国と比較して、高めに推移しています。

2018年経済成長率 比較表
トルコ アメリカ オーストラリア 南アフリカ メキシコ
2.83% 2.93% 2.74% 0.79% 2.00%

経済成長率が高い国は投資対象として魅力的なため、その国の通貨も活発に取引される傾向にあります。


メリット4 財政水準が安定

国の財政状況を知るのに良く用いられるものとして
「債務残高(借金)がGDP比でどのくらいあるか」
という指標があります。

そこで、債務残高対GDP比について調べました。

2018年 債務残高対GDP比 比較表
トルコ アメリカ オーストラリア 南アフリカ メキシコ
30.17% 104.26% 41.37% 56.71% 53.62%

トルコの財務残高対GDP比は、先進国や新興国の中でも非常に低い水準ですね。
ちなみに、2015年にデフォルトに陥ったギリシャは184.85%、日本は237.13%です。

トルコの財政は

といった理由から、欧州諸国と比較しても良好な財政水準です。


トルコリラへのFX投資 注意点は?

注意点は3つあります。

売買のタイミングを見極める

年を追うごとに為替レートが下がっているため、値ごろ感でトルコリラ投資をしても、売却時に為替損失が発生している可能性が高いです。

時間分散でも、為替損失を回避するのは厳しいでしょう。

そのため、トルコリラへの投資は売買タイミングの見極めが必須です。


レバレッジをかけすぎない

レバレッジをかけすぎると、FX会社に預けた証拠金-最低必要証拠金以上の含み損が発生すると、最低必要証拠金を残して強制決済(ロスカット)されます。

最低必要証拠金:ほとんどのFX会社で購入通貨量の1/25
下の条件で、レバレッジごとのロスカット水準を見てみましょう。

条件
・購入時のトルコリラ円為替レート:19.0円
・スワップポイントは考慮しない

レバレッジ別 トルコリラと日本円との金利差 比較表
レバレッジ 1倍 2倍 3倍 4倍 5倍
用意する証拠金 19万円 19万円 19万円 19万円 19万円
購入通貨量 1万通貨 2万通貨 3万通貨 4万通貨 5万通貨
最低必要証拠金 7600円 1.52万円 2.28万円 3.04万円 3.8万円
ロスカットレート 約0.76円 約10.26円 約13.43円 約15.01円 約15.96円

※ロスカットレートは、1トルコリラ=19.0円の際の最低必要証拠金に固定して算出していますので、実際はもう少し低くなります。

つまり、レバレッジ5倍では、1トルコリラ=15.96円まで下がると保有ポジションがロスカットされ、証拠金19万円のうち、最低必要証拠金3.8万円だけが手元に残るイメージです・・・
約15万円の損失!

長期投資でのロスカットは、絶対に避けたいですね。

トルコリラの長期投資では、ロスカットされないためにも、最大でもレバレッジ2倍までにしておきたいところです。

レバレッジ2倍でも為替レートが変わらなければ、スワップポイント収入で年20%以上のリターンが期待できます。


暴落してもあせらない

例えば、2018年1月~2018年12月にかけて、30円台から20円台まで為替レートが下がりました。

トルコリラ円 為替レートの推移

この時の損失はレバレッジ別に下のようになります。

条件
・購入時のトルコリラ円為替レート:30円
・1年後のトルコリラ円為替レート:20円
・1年後の合計スワップポイント:38071円(1万通貨あたり)

レバレッジ別 為替差損 比較表
レバレッジ 1倍 2倍
用意する証拠金 30万円 30万円
購入通貨量 1万通貨 2万通貨
為替損益 -100000円 -200000円
スワップポイント +38071円 +76142円
合計損益 -61929円 -123858円

特にレバレッジ3倍では、合計で20万円近い損失が出ています。

このような暴落時に、絶対にあせって決済してはいけません。
私も含み損を抱えることがありますので、あせる気持ちはよく分かるのですが、ここはグッと耐える場面!

下の表は、辛抱強くもう1年待った場合の為替差損です。

条件
・購入時のトルコリラ円為替レート:30円
・2年後のトルコリラ円為替レート:20円
・2年後の合計スワップポイント:76142円(1万通貨あたり)

レバレッジ別 為替差損 比較表
レバレッジ 1倍 2倍
用意する証拠金 30万円 30万円
購入通貨量 1万通貨 2万通貨
為替損益 -100000円 -200000円
スワップポイント +76142円 +152284円
合計損益 -23858円 -47716円

損失がだいぶ軽減されていますね。

保有後に暴落しても、しばらく持ち続けると、スワップポイントの利益が為替差損を上回る可能性が出てきます。


まとめ

デメリット

※トルコリラ円の売買タイミングは、こちらで検証しています。
トルコリラへの長期投資 ベストな売買タイミングは?

メリット

注意点


関連記事
南アランド投資で利用中

人気記事ランキング

  1. 南アランドの為替見通し
  2. ランド円でFXスワップ生活
  3. ランド円スワップサヤ取り
  4. トルコリラの為替見通し
  5. ランド円スワップ比較
  6. トルコリラ円スワップ比較
  7. 高金利通貨金利ランキング
  8. 未決済でスワップ出金可能なFX会社を比較
  9. NDD方式のFX会社を比較

カテゴリ


通貨別カテゴリ


人気FX会社


著者紹介



Copy Right 南アフリカランドで資産運用 【為替カバ】- ファイナンシャルプランナー監修 -

当サイトについて | 運営者情報 | ランキング掲載根拠 | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top